連載コラム 記事一覧

  • 角幡唯介 グリーンランド滞在日記

     2015年の冬、夜が明けない「極夜」の探検に挑む角幡唯介さん。3月には探検の出発地となるグリーンランド最北の村に移動し、装備、食料、犬といろんな準備を進めるそうです。何カ月も日光を浴びずに氷の世界を歩き続けるとはどんなことだ…

    つづきを見る

  • 海の研究探検隊 JAMSTEC

    この連載は、海の研究所JAMSTEC(海洋研究開発機構)に集まる人々の物語です。海底を世界一深く掘れる船や、深海6500メートルまで潜れる有人潜水艇など、海というフロンティアを探検する能力では世界随一の設備をもつ研究所。そこに…

    つづきを見る

  • 『撮りに行ける風景写真』から紹介する、全国の絶景撮影スポット

    日本には、四季折々に姿を変える美しい風景がたくさんあります。写真を撮る楽しみが尽きることがありません。この連載では、北海道から沖縄まで235カ所の撮影スポットを紹介した『撮りに行ける風景写真』から、とくに人気の高い場所や、知ら…

    つづきを見る

  • 『絶対に見られない 世界の秘宝99』から紹介する、失われた人類の財産

    戦乱や災害、盗難や事故などで失われた大切な人類の財産。王室や貴族の秘宝だけでなく、貴重な絵画、音楽、文学などの芸術作品、古代の文明や都市、伝説上の人物、特殊な技術や知識に企業秘密。もう二度と見ることのできない人類の失われた財産…

    つづきを見る

  • 『ビジュアル大宇宙』から紹介する 宇宙の見方を変えた、すごい発見!

    「太陽の120億倍、説明不能なブラックホール発見」「あり得ないほど塵の多い初期銀河を発見」など、宇宙の話題はいつもニュースをにぎわせてくれますね。地動説や宇宙の膨張、ダークマターなど、大きな発見があると宇宙観まで覆されます。こ…

    つづきを見る

  • 面白いほど世界がわかる! ホンモノの教養大事典

    教養って何でしょう? 広辞苑では「単なる学殖、多識とは異なり、一定の文化理想を体得し、それによって個人が身につけた創造的な理解力や知識」と説明されています。時事ネタをたくさん知っていても、それだけでは教養になりません。時事ネタ…

    つづきを見る

  • 世界一の動物写真!

    『ワイルドライフフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー』をご存じですか? イギリスで50年続く、世界で最も古く、最も権威のあるネイチャー写真賞です。その受賞作品を集めた本ができました。動物写真の黎明期から今日までの歩みが、すべてわ…

    つづきを見る

  • 子どもが必ず興奮する 科学実験レシピ

    科学実験教室で20年にわたり実験を教えてきたベテラン講師の越澤哲也先生が、家庭でできて、子どもたちが必ず興奮する“鉄板”の実験レシピを毎月紹介していきます。対象はだいたい小学校の中学年から高学年くらい。すべてのお父さん、お母さ…

    つづきを見る

  • 『絶対に行けない 世界の非公開区域99』から紹介する 世界の立ち入り禁止区域

    世界にはさまざまな非公開エリアがある。軍事施設や政治施設というのはすぐに思い浮かぶだろうが、他にも紛争地帯、宗教施設、研究施設、個人の所有地、そして噂だけで実在が確認できない場所などがある。この連載ではそうした、一般の人が立ち…

    つづきを見る

  • ノースウッズの森へ

    写真家のジム・ブランデンバーグや極地探検家のウィル・スティーガーなど、『ナショナル ジオグラフィック』ゆかりの人々を魅了してやまない北米大陸の「ノースウッズ」。狼の夢に導かれてその広大な森へ旅立った自然写真家の心と写真の物語。

    つづきを見る

ほかの連載を見る

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ