連載コラム 記事一覧

  • 書籍『科学の迷信 世界をまどわせた思い込みの真相』から紹介 なぜあっさり信じてしまうのか?

    ちょっとした思い込みや伝えるときのニュアンスの違いから、事実とはまったく異なる情報が広まっていくことがある。身近な話題であっても、誤りに気づくのは意外に難しい。ナショナル ジオグラフィックの別冊『科学の迷信 世界を惑わせた思い…

    つづきを見る

  • 連載:日本だけの翼

    日本で現在見られる630種余りの鳥のうち、固有種はわずか11種。わが国だけに生息する鳥たちを、1種ずつ紹介していく。

    つづきを見る

  • 連載:昆虫おもしろ話

    2018年の夏に東京・上野の国立科学博物館で開催される特別展「昆虫」。今年こそ、みなさんに昆虫の魅力を知ってもらいたい! そんな思いを込めて、同展の監修者である昆虫博士たちによるエッセイ、さらに無類の昆虫好きとして知られる俳優…

    つづきを見る

  • 書籍『消滅遺産』から紹介 もう見られない偉大な建造物

    建造物のなかには、古くから存在し、これからも長く残したいものがある。ユネスコの世界遺産に登録されている建造物はよく知られているが、国や地域によっては未登録の場合も少なくない。数百年、数千年の長い年月残されてきたにもかかわらず、…

    つづきを見る

  • 書籍『今の科学でここまでわかった 世界の謎99』から紹介 科学で迫る世界のミステリー

    世界には、まだわかっていないことが山ほどある。古代文明、宗教・神話・超常現象、生命の不思議、深遠なる自然の力、不可解な消失……。そんな何世紀もの間、人々を困惑させ、話題をさらってきた謎の数々を、ナショナル ジオグラフィックの別…

    つづきを見る

  • 書籍『失敗だらけの人類史』から紹介 英雄たちの残念な決断

    人類の歴史は「失敗の歴史」ともいえる。しかもその失敗の多くは、優秀で善意に満ちた人々が、肝心なときに大事な判断を誤ったために引き起こされている。古代から現代に至る多数の失敗談を読み解いていくと、繰り返される人類の愚行に絶句する…

    つづきを見る

  • 書籍『世界をまどわせた地図』から紹介 地図に描かれた幻の世界

    「大西洋には、7つの都市を持つ長方形の大きな島がある」「カリフォルニアは海に囲まれた島であり、女性ばかりの楽園だ」「南米のパタゴニアには、3メートル近い巨人が住んでいる」――そんな伝説や言い伝え、探検家の誤解、あるいは誇張や嘘…

    つづきを見る

  • 河江肖剰 新たなピラミッド像を追って

    エジプトの大学を卒業後、世界的な考古学者たちのもとで、研究者として豊富な経験を積んできた河江肖剰さん。3大ピラミッドのあるギザを中心に、地道な発掘調査だけでなく、3D計測などの先端技術を駆使した研究にも取り組んでいます。現地で…

    つづきを見る

  • 書籍『心に響く 樹々の物語」から紹介 あなたに寄り添う 木の物語

    写真家ダイアン・クックとレン・ジェンシェルは言う。「木は私たち人間がいなくても生きていけるが、私たちは木がなければ生きていけない」。木は、私たちが呼吸するための酸素や食物、燃料、住居の材料を与えてくれるばかりでなく、思索を深め…

    つづきを見る

  • ナショジオのまとめ

    ナショジオと言えば「写真」。このサイトでも「壁紙」「フォトギャラリー」「写真家」のページなどで膨大な写真を掲載しています。そのなかから旬のテーマや面白い切り口で、写真を見つくろい、組み合わせ、まとめました。

    つづきを見る

ほかの連載を見る

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ