ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
TOPICS

LINE
LINE


LINE


写本の修復と保存

LINE


写本の鑑定方法の詳細

LINE


「ユダの福音書」の発見と
鑑定・修復・翻訳の詳細


LINE


ロドルフ・カッセル博士の
インタビュー


LINE


写本が公開されるまでの
経緯


LINE


「ユダの福音書」とは

解説:荒俣宏

LINE


ニュースのトップページへ

LINE


LINE


▼ドキュメンタリーで観る
ナショナル ジオグラフィックチャンネルの特番
「禁断の聖書:ユダが残した福音書の衝撃!」


LINE

関連書籍

世界の宗教



ニュース



写本の鑑定方法の詳細



マルチスペクトル画像の解析


 鑑定の最終段階として、写本から抜き出した複数のページについて、マルチスペクトル画像の解析を行った。この手法は、古文書の性質と後世の改変についての情報を得る目的で用いられる。
 スイスで解析を行った米国ブリガムヤング大学パピルス画像研究所のジーン・A・ウェアによれば、写本のパピルスからは、本物と判明している他のエジプトの古文書の解析結果と同じような結果が得られたという。
 さらに、同じ方法で写本に使われたインクを調べたところ、鉄や金属を主成分とし炭素を含むインクのマルチスペクトル画像と一致する結果が得られた。この結果は写本の推定成立年代とも符合している。また、複数回にわたって書き直した形跡は、認められなかった。
 解析した部分には文字を修復した跡が2カ所あった。このうち1カ所は鉄または金属を主成分とし炭素を含むインクと、さらに別の1カ所は炭素を含むインクと、それぞれ解析結果が一致した。金属を含むインクも、炭素を含むインクも、この種の古文書にはよくみられる。
 ウェアは、以上のようなマルチスペクトル画像の解析結果は、この写本が本物のエジプトの古文書であれば矛盾なく説明できるという結論を示した。








本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について