ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
TOPICS

LINE
LINE


LINE


写本の修復と保存

LINE


写本の鑑定方法の詳細

LINE


「ユダの福音書」の発見と
鑑定・修復・翻訳の詳細


LINE


ロドルフ・カッセル博士の
インタビュー


LINE


写本が公開されるまでの
経緯


LINE


「ユダの福音書」とは

解説:荒俣宏

LINE


ニュースのトップページへ

LINE


LINE


▼ドキュメンタリーで観る
ナショナル ジオグラフィックチャンネルの特番
「禁断の聖書:ユダが残した福音書の衝撃!」


LINE

関連書籍

世界の宗教



ニュース



写本が公開されるまでの経緯



1970年代

エジプトのミニヤー付近で、パピルスでできた冊子状の写本(コデックス)を村人が発見。この写本に『ユダの福音書』が含まれていた

LINE

1978年代

カイロのエジプト人古美術商が写本を買い取る

LINE

1983年5月

エジプト人の古美術商(同上)が、スイス・ジュネーブのホテルの一室で米国人の研究者たちに写本を売ろうとするが、売り値が高すぎて不成立に終わる

LINE

1984年2~3月

エジプト人の古美術商(同上)が写本を米国ニューヨーク州で売ろうとするが商談はまとまらず。同州ヒックスビルにある銀行の貸し金庫に預けたまま16年間が経過

LINE

2000年4月

チューリヒを本拠とする古美術商フリーダ・ヌスバーガー=チャコスがエジプト人の古美術商(同上)から写本を購入。米国エール大学バイネッキ稀覯手稿図書館は同写本にユダの福音書が含まれることを確認したが、購入は見送った

LINE

2000年9月

チャコスは米国オハイオ州在住の古文書専門の美術商ブルース・フェリーニに写本を売ろうと交渉を始める。

LINE

2001年2月

チャコスとフェリーニの交渉が決裂。写本はスイスのバーゼルにあるマエケナス古美術財団の管理下に置かれる

LINE

2001年7月

マエケナス財団の理事長マリオ・ロバーティーの要請で、コプト語の専門家ロドルフ・カッセル博士が写本の読み取りと翻訳の指揮を取り、パピルス修復専門家フロランス・ダルブルが修復を進める形でプロジェクトが始動

LINE

2004年8月

エジプト政府がカイロのコプト博物館に対する写本の寄付を承諾。写本は一般公開の後、発見地エジプトへと戻る

LINE

2005年1月

米国アリゾナ大学が炭素年代測定法で写本に使われたパピルスと革を測定。写本の年代は紀元220~340年という結果を得る

LINE

2006年1月

米国イリノイ州のマクローン・アソシエーツ社が写本に使われているインクの成分を分析。紀元3~4世紀に使われていたものと一致した

LINE

2006年2月

古文書の性質と後世の改変についての情報を得る目的で、スイスで写本のマルチスペクトル画像解析を実施した。解析を行った米国ブリガムヤング大学パピルス画像研究所のジーン・A・ウェアは、写本のパピルスからは、本物と判明している他のエジプトの古文書の解析結果と類似の結果が得られたとしている

LINE

2006年2月

紛失したとされていたユダの福音書の半ページがニューヨークで発見され、写真撮影後、読み取りと翻訳が行われる

LINE

2006年4月

米国ワシントンD.C.のナショナル ジオグラフィック協会本部で写本の一部が初めて一般に公開される

LINE









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について