ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
TOPICS

LINE




ニュース



中国で最古のティラノサウルス類の化石を発見



 中国新疆ウイグル自治区の約1億6000万年前の地層から、ティラノサウルス類では最古となる新種の化石が見つかった。
 ナショナル ジオグラフィック協会などの支援により発掘にあたっていた中国と米国などの共同調査チームによると、この新種は体長約3メートルほどで、鼻の上に大きなとさかのようなものがあるのが特徴だという。調査チームの一員で、米ジョージ・ワシントン大学のジェームズ・M・クラーク教授は「攻撃のための武器であったとは考えにくい」とし、異性の気をひくためのものだったと推察される。
 化石は2体見つかっていて、「今後のティラノサウルス類の研究に大きく役立つだろう」と、調査に参加している中国科学院古脊椎動物古人類研究所の徐星教授はこの発見の意義を説明している。








本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について