トピックス

トップ > トピックス > 「いきものつながりアート展」11月12日から

6人の作家が絵画や写真で自然の姿を紹介
「いきものつながりアート展」が11月12日から開催
2010年11月1日

 いきものつながりアート展実行委員会と長崎県、日本野鳥の会は、生物多様性保全や地球温暖化防止について関心が高まる中、自然やいきものをテーマに子どもから大人まで幅広い層に自然への関心を深めてもらうため、企画展「いきものつながりアート展」を11月12日から開催する。

 この企画展は、第一線の作家6人によるコラボレーションで、絵画(大田黒摩利)、ぬいぐるみ(落合けいこ)、バードカービング(鈴木勉)、写真(中川雄三)、フィギュア(松村しのぶ)、ステンドグラス(山村日和)の作品を紹介する。

 「いきものつながりアート展」は今回が3回目の開催で、東京会場のミツムラ・アート・プラザ(品川区大崎)に続いて、長崎会場(長崎市出島町)で巡回展示を行う。

■東京会場:
「第3回いきものつながりアート展」
ミツムラ・アート・プラザ(東京都品川区大崎1-15-9 光村ビル1F)
日程:2010年11月12日(金)~11月21日(日)

■長崎会場:
「いきものつながりアート展 in 長崎」(長崎会場)
長崎県美術館 2Fホール(長崎県長崎市出島町2-1)
日程:2010年11月27日(土)~12月6日(月)


主催:いきものつながりアート展実行委員会、長崎県、(財)日本野鳥の会


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー