トピックス

トップ > トピックス > 「ジェノグラフィック・プロジェクト」NGチャンネルで放送

人類の軌跡を追う「ジェノグラフィック・プロジェクト」
ナショナル ジオグラフィック チャンネルで放送
2009年10月16日

 現代人の遺伝子を調べることで、はるか昔、人類が誕生の地アフリカを旅だってから何万年もの時を経て世界各地に散らばっていった、人類の移動ルートを解き明かす壮大な「ジェノグラフィック・プロジェクト」。

 ナショナル ジオグラフィック協会では米IBM社の協力のもとで「ジェノグラフィック・プロジェクト」という一大調査を実施しています。このプロジェクトを発案、指揮するスペンサー・ウエルズ博士に、数十万のDNAサンプルを採取して、そこに刻み込まれた情報をコンピューターで解析するプロジェクトを進めるため、世界中を飛び回っています。

 ナショナルジオグラフィックチャンネルでは、「ジェノグラフィック・プロジェクト」とウエルズ博士の活動を追った番組「ジャーニー・オブ・マン:人類の軌跡」(原題:Journey of Man)と「遺伝子の旅 ~先祖が歩んだ道~」(原題:The Human Family Tree)を放送中です。人類はどこから来たのかを探る壮大なプロジェクトを、ぜひ迫力の映像でご覧ください。

 番組の詳細および放送時間については、ナショナル ジオグラフィック チャンネルのサイトをご覧ください。

ジャーニー・オブ・マン:人類の軌跡
原題:Journey of Man

この番組は人類の物語で、人類が始めてアフリカを発った時から、世界中の隅々へと広がり、現在の世界人口、60億人に至るまでをお届けする。
スペンサー・ウェルズ博士は魅力あふれる31歳(放送時)の科学者。自分の持つ集団遺伝学の分野における専門知識や考古学者、人類学者達の専門家を動員し、大規模な人類の移住がどのようにして起こったのかの全容を、解明するべく研究を進めていく。
>> 詳細はこちら

遺伝子の旅 ~先祖が歩んだ道~
原題:The Human Family Tree

遺伝学者スペンサー・ウエルズ博士が率いるジェノグラフィック・プロジェクトが、我々のDNAを調べ、人類が地球上を大移動してきたことについての画期的な証拠を発見した。様々な科学者との共同研究や幾多の困難を経て、博士は人類がアフリカを出て地球を横断する旅に出た原因は、天候の劇的な変化であったという説にたどり着く。
>> 詳細はこちら

『DNA検査キット』プレゼントキャンペーンのお知らせ

 ナショナル ジオグラフィック チャンネルでは、「遺伝子の旅~先祖が歩んだ道~」の放送を記念して、キャンペーンを実施中です。
 「遺伝子の旅~先祖が歩んだ道~」の出演者でジェノグラフィック・プロジェクトを率いるスペンサー・ウエルズ博士が登場する「ジャーニー・オブ・マン:人類の軌跡」の2番組を見て、クイズに答えてください
 抽選で豪華賞品をプレゼントをっプレゼントします。

賞品A : DNA検査キット 10名様
賞品B : ナショジオ オーガニックトートバッグ 15名様

>> 詳細はこちら


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー