トピックス

トップ > トピックス > 私たちは、どこから来たのか?人類の「大いなる旅」を解き明かすイベント開催

私たちは、どこから来たのか?
人類の「大いなる旅」を解き明かすイベント開催
2009年7月23日

 東京・お台場の日本科学未来館で開催中の「地球と宇宙の環境科学展」に連動して、米国よりナショナル ジオグラフィック協会付き研究員スペンサー・ウエルズ博士を招き、スペシャルイベント「私たちは、どこから来たのか?」を8月5日に東京・お台場の日本科学未来館にて開催します。

 現代人の遺伝子を調べることで、はるか昔、人類が誕生の地アフリカを旅だってから何万年もの時を経て世界各地に散らばっていった、人類の移動ルートを解き明かす壮大な「ジェノグラフィック・プロジェクト」。

 このプロジェクトを発案、指揮するウエルズ博士に、数十万のDNAサンプルを採取して、そこに刻み込まれた情報をコンピューターで解析するプロジェクトを通してわかった人類の歴史、多様性を語っていただきます。

 滅多にないこの機会に、わたしたち人類の来し方、行く末を考えてみませんか。

「私たちは、どこから来たのか?」

1) 「挨拶」
日本科学未来館館長 毛利衛(予定)

2) 「DNAとは何か」
日本科学未来館科学コミュニケーター 森田由子氏

3) 「人類は、どこから来たのか?」
講師 スペンサー・ウエルズ博士 (米国ナショナル ジオグラフィック協会付き研究員)

4) 「私たちは、どこから来たのか?」
スペンサー・ウエルズ博士
竹村真一氏 (文化人類学者/京都造形芸術大学教授)
知花くらら氏 (モデル・レポーター)
森田由子氏 (日本科学未来館科学コミュニケーター)
司会:藤田宏之 (「ナショナル オグラフィック日本版」編集長)
※タイトル、内容は変更することがあります。

入場無料。同伴3名様(計4名様)までご覧になれます。


イベントタイトル 「私たちは、どこから来たのか?」
日時 8月5日(水) 11:30~13:00(開場 11:00)
場所 日本科学未来館7階 みらいCANホール
(東京都江東区青海2-41、ゆりかもめ「テレコムセンター」駅徒歩4分、「船の科学館」駅徒歩5分)
定員 200名
入場無料。同伴3名様(計4名様)までご入場になれます。
対象 中学生以上(小学生でも入場できますが、内容が難しいかもしれません)
お申し込み お申し込み多数につき、受付を締め切りました。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー