ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
写真コンテスト

LINE


2006募集要項

2005応募要項

2004受賞作品

2003受賞作品

2002受賞作品

2001受賞作品

2000受賞作品

1999受賞作品

1998受賞作品


写真コンテスト1999受賞作品

第3回ナショナル ジオグラフィック日本版「写真コンテスト1999」が1999年11月に行われ、
静岡県浜松市在住の鈴木邦明さんの「紙吹雪」が大賞に輝きました。
今回のテーマは「地球を撮る」で、応募作品は1,311点、それぞれ撮影地に応じて国内と海外の作品に分けて審査しました。
大賞のほか国内部門優秀賞2点、海外部門優秀賞3点、
国内および海外の特別賞各5点が決定しました。



今回の応募テーマ:「地球を撮る」」  応募作品数:1,311点
作品をクリックすると拡大してご覧いただけます。

【大賞】 【国内優秀賞】 【海外優秀賞】 【国内特別賞】 【海外特別賞】 【講評】

大賞

PHOTO

「紙吹雪」
鈴木邦明(静岡県浜松市)
トップへ戻る
国内優秀賞

PHOTO
「飛翔」
仙沢計美(山梨県甲府市)
PHOTO
「夜桜の街」
麻生美奈子(茨城県日立市)
トップへ戻る
海外優秀賞

PHOTO
「猫、それは私の大切な家族」
小野英治
(大阪府吹田市)
PHOTO
「尋食」
Au Kim Cheong
(MALAYSIA)
PHOTO
「駱駝引きのラマダン」
菅沼隆二
(静岡県島田市)
トップへ戻る
国内特別賞

PHOTO
「朝露の朝食」
大森隆一
(東京都田無市)
PHOTO
「なまはげ」
五十嵐敏紀
(秋田県増田町)
PHOTO
「春景」
宮沢千春
(長野県更埴市)
PHOTO
「白糞の芸術」
相馬仁
(東京都港区)
PHOTO
「いばらの道」
纐纈育雄
(静岡県三島市)
トップへ戻る
海外特別賞

PHOTO
「筏競争」
岡崎利男
(山形県鶴岡市)
PHOTO
「賽牛」
Pang Piow Kan
(MALAYSIA)
PHOTO
「遊泳」
川村登久子
(大阪市堺市)
PHOTO
「驚険萬分」
Khoo Phaik Hoe
(MALAYSIA)
PHOTO
「老人」
小尾成希
(愛知県名古屋市)
トップへ戻る
講評

ケント・コバスティーン氏(本誌英語版写真部長)
写真のルールを破ることも大切

いろんなジャンルの作品があったが、第1次選考を通過した数は昨年よりも少なく、スナップショットの域を出ないものが多かった。大賞作品「紙吹雪」は、活力に満ちあふれている。赤が構図全体を支配し、生き生きとして見えて面白い。目の中に最初に飛び込んできた作品だ。「夜桜の街」も、一目で面白いと思った作品。サクラという「自然」と、光や車などの「人工」がうまく混在している。ある意味で、写真のルールを破った作品例としていい。ベトナムで撮った「猫、それは私の大切な家族」は、この場面で何が起こっているかを思わず質問したくなる。女性はなぜネコを見ているのか、なぜネコは箱の中にたくさんいるのか。非常に不明瞭だが、それが逆に想像力をかき立ててくれる。
LINE
立木義浩氏(写真家)
年齢を重ねるごとに完成の域へ

入賞作品を選び出すのに年齢を参考にしたわけではないが、結果的に大賞受賞者は61歳、優秀作品5点のなかにも60歳以上が3人いるのを考えると、写真は年齢を重ねるにつれて完成してくるのではと思えてくる。重要なのは応募するまでのプロセスのなので、テーマを自分なりに解釈してそれを一つの作品に仕上げることに、これからも努力してほしい。大賞作品は、激しく舞う紙吹雪が心に残る作品。アフリカ北部チュニジアで撮った「駱駝引きのラマダン」は、人物の表情がとても魅力的だ。人物写真は立っているものが多いが、寝ているのが意外で面白く、しっかりと近寄って撮影できている点も評価できる。
LINE
岩合光昭氏(写真家)
何に感動しているかを見極めてほしい

国内部門の方が、力強い作品が多かったように思う。海外で撮影すると、風景や状況にのまれて、写真の中に自分の伝えたいことを十分に写し込めず、珍しくないものでも珍しいと思ってシャッターを切る傾向がある。ところが、自分の国だと対象を追いきれているようだ。あまり画面にこだわらず、何に感動しているかを自分なりに整理してから撮ってほしい。大賞は、余裕のない状況で、撮影者の技量が出ているいい写真。場所の勢いにのまれていないし、色気がある。「飛翔」は一色遣いながら、鳥の位置と逆光の具合がよく、特に翼の後側のハイライトがいい。「尋食」は、鳥の動きをよく狙えている。
トップへ戻る







本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について