密猟される動物たち

 近年、ゾウやサイの密猟が大きな問題になっています。ワシントン条約が発効した1970年代以降、絶滅が危ぶまれるこうした野生動物たちの国際取引には、いったん歯止めがかけられました。しかし最近になって、その隙を突いた違法取引や密猟が増えつつあります。アフリカゾウの牙(象牙)は聖像に、サイの角は漢方薬に姿を変え、今も広く流通しているのです。
 このテーマ特集『密猟される動物たち』では、2013年3月に開催されるワシントン条約締約国会議を前に、ナショナル ジオグラフィックが伝えてきた、密猟と違法取引の実態レポートを集めました。

閉じる

動物のコンテンツ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:チーターの違法取引が横行しているアフリカ東部のソマリランド。ソマリアからの分離独立を一方的に宣言しているこの共和国が位置する半島一帯は何とよばれているでしょう?

  • アフリカの角
  • アフリカの耳
  • アフリカの鼻

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ