地球のいのち

トップ > スペシャル > 地球のいのち > 地球いきもの応援団 さかなクン

とれた魚をおいしく食べることが、多様性保全につながる

さかなクンは漁船に乗ることも多いと聞きます。最近、漁の様子や捕れる魚で異変を感じることはありますか。

 はい!実際に漁師さんからお話を伺ったり、漁業を見せていただくとお肴の種類によっては漁場が変わったり、捕れる季節が変わったりしていることを実感します。東北の冷たい海での定置網には、主に暖かい海で漁獲されるトビウオ類やサワラが大量にとれたり、千葉県の房総近海では近年、それまで滅多にとれなかったギマというお魚が時として大量に定置網に入るようになりました。漁師さんが「こんなの見たことがない」というほど、どっさり入っていることもあります。すると、先のとがったトゲのようなひれで一緒に入るお魚やイカ類、ヒラメやマタイのような高級なお魚も傷つけてしまう。エチゼンクラゲやハリセンボンが時として大量に漁師さんの網に入ることもニュースになります。クラゲ類やハリセンボンが大量に網に入ると、ほかの魚がキズつく。また網を破損させて漁業被害につながるんです。これは温暖化の影響もあるといわれていますが、生態系のバランスが崩れているからとも考えられます。本来のバランスなら、それぞれの生物の量も生息場所も、極端に偏らずに保たれているはずですから。

魚の生態系のバランスというと、日本人ではマグロの乱獲がすぐ頭に浮かびますね。マグロをとりすぎて、数を激減させている。また、ナショナルジオグラフィックでも掲載したことがありますが、日本にマグロを持ってくる漁船の二酸化炭素排出量を計算すると、莫大になります。

 そうなんです、編集長さまのおっしゃるとおり!特定のお魚ばかりを漁獲してしまうと、燃料は使うし、経済や自然のバランスは崩れます。

 実は、漁師さんの網に入るお魚には、商品にならない種類も多いんです。日によっては、流通するお魚よりも捨てられるお魚の量の方が多いことさえあります。たとえば重要な食用魚であるイワシ類やアジ類、イサキ類なども、美味しくて栄養も豊富なのに種類や大きさによっては捨てられてしまうこともあります。サメ類、エイ類、アナゴ類、チョウチョウ類、スズメダイ類など見た目が不可思議なので捨てられる種類も多いけれど、それぞれのお魚に合わせたお料理でいただくと、とってもおいしいのです。もったいないです!こういったお魚をもっとおいしく活用させていただくと、地産地消にもなり、きっとものすごく食料自給率も上がります。なにも海外から高いお金と燃料を使ってマグロ類をはじめ様々な海産物を輸入しなくてもいいんです。

 とれたお魚はおいしくいただく。同時に、小さいお魚がなるべく網の目から抜けるような漁具の開発も必要だと思うんです。現在、各地で網の目を拡大して小さいお魚をとらないようにする取り組みが行われています。その結果、乱獲が減って、お魚たちが育ち漁獲量が回復したというすばらしい結果が出ています。それに小さいお魚が網にかかると、漁師さんは選別に時間がかかって労働時間が長くなってしまううえ、鮮度を保つための氷も余計に必要になります。網の目を大きくすることにより小さなお魚が育つことができるし、労働時間が短縮できるし、大きなお魚がそろって魚価も上がるのです。

 このようなお取り組みはすばらしいです。ただ、漁によっては網を替えるために莫大な資金がかかりますので、日本中の皆様と一緒に考えて取りくむべきことだと思います。

 このほか、持続可能な漁業を実践するには、科学的データに基づいて、捕る季節やサイズ、水深、漁法を決める必要があると思います。

消費者も、それを認めたうえで購入することが必要ですね。

 ハイ!とても大事なことだと思います。産地表示だけでなく、釣りや底引き網、定置網、刺し網など漁法の表示があるとうれしいです。いただくお魚が、どの漁法で漁獲されたのかを知れば、ますますお魚と人との重要な関わりが見えてきます。

 日本人は魚ばなれしているように考えられていますが、実はお魚の消費量はそれほど減っていないそうなのです。食べる内容が変わってきているのです。日本の食文化はイワシの丸干しやアジの干物、塩ザケに代表されるように、お魚を「骨まで愛して」きました。古くから日本で大事にされてきた魚食の多様性があります。ところが近年、マグロ類やブリのお肉のみが食の中心になってきています。骨がありません。それどころか給食に出されるお魚に小骨があったら、誰が責任を取るのか?という話を聞いてビックリしました。これでは貴重なお魚の食文化が廃れてしまうかもしれません。もっとせっせとお魚に関心を持って、多様なお魚を骨まで愛して多様な食べ方でいただきたいです。

生物多様性の問題の先にあるものは、結局は食糧の問題。生物多様性を守ることは食糧資源を持続可能な形で得ることにつながりますね。そのためにも、我々一人ひとりが土地の食文化を大切にして地場の魚を活用しようということですね。

 はい。日本各地にはおいしい郷土料理があり、自慢のお野菜・果物・お肉・お魚があります。そして、流通していないお魚があります。多種多様な地場のお魚を大切にいただくことは、自然を大事にすることであり、持続可能な漁業を支えることにつながると思います。毎日大自然の中でお仕事をされ、環境の変化にいち早く気づかれているのは海や川、湖の守り人でもある漁師さんです。元気ハツラツに漁師さんがお仕事をされることは自然が元気な証拠です。

 自然界は多様性なので、いつでも捕れるものは一定していません。だから臨機応変に。今日は小さいアジがとれたから南蛮漬けでおいしくいただこう!とか、ギマがとれたのでフライにしようとか、小さなネンブツダイがたくさんとれたから丸揚げにしよう。ホシザメがとれたから、身はゆがいて酢ミソにつけていただこうとか、土地ごとの食べ方でいただく。命をいただくことの感謝の気持ちと自然への好奇心・探究心が小さなころから身についていると、自然にお魚や食文化のすばらしさを大事にしていきたいという気持ちが芽生えます。

 以前、水産庁の水産政策審議会特別委員に任命していただいたときに、捨てられるお魚が多いこと、そのお魚たちを大事に扱いおいしく食べる方法を普及していくことが、食糧自給率の向上にも水産資源のためにも必要です!と意見を唱えさせていただきました。その後、量販店の鮮魚担当の皆様が漁師さんからそれぞれのお魚の美味しい食べ方を聞き取られ、流通にのらないような種類のお魚や小さなサイズのお魚も、おいしい食べ方を紹介しつつ、店頭に並べて料理法などをお客様にくわしくていねいにお伝えされ、大変に好評だったというニュースを新聞やテレビで観て嬉しくて感動しました。このような素晴らしい取り組みが、もっと日本中に広がるといいですね。漁師さんもうれしいし、自然にもやさしい。

 自分自身も、さらに日本中を歩いて、お魚の魅力を皆様にお伝えさせていただきたいです!!

ナショナルジオグラフィックでは、最近「地球を思うことから始めましょう」というテーマを掲げています。今、そこにある魚をどう食べたらおいしいか考えることが、地球を思うことにつながるんだということがよく分かりました。

 なんと、ありがたいお言葉です!!ありがとうギョざいます!これからも何卒よろしくおねがいいたします。

(聞き手: ナショナルジオグラフィック日本版編集長・藤田宏之)

お探しのページを表示することができませんでした。

指定されたURLが正しくなかった。
または、掲載期限を過ぎたページであった可能性があります。

※数秒後に、ナショナル ジオグラフィック日本版サイトのトップ画面を表示いたします。

-->

お探しのページを表示することができませんでした。

指定されたURLが正しくなかった。
または、掲載期限を過ぎたページであった可能性があります。

※数秒後に、ナショナル ジオグラフィック日本版サイトのトップ画面を表示いたします。

-->

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー