2011年 シリーズ企画 70億人の地球

第2回 「日本が乗り越えてきた4つの人口の波」 鬼頭宏 歴史人口学者
世界の流れと逆に、急激な人口減少期を迎えた日本の未来を考える本企画。第2回は日本の人口の変遷に詳しい上智大学教授の歴史人口学者、鬼頭宏氏に話を聞いた。日本人は過去の人口減少をどう克服して1億2800万人の現代日本を作り上げてきたのか。歴史をたどり、日本の人口の今と未来を探る
(インタビュー、文=福光恵)

(4) 開国で訪れた第4の巨大な波

「19世紀に入ると、寒冷気候がゆるくなり、人口は再び増え始めます。これが現代に続く、4つめの波の始まりです」

 文政の時代になると、物価が上がってインフレが起こり、国内経済が再び拡大路線を進むようになる。同時に人口も増加に転じていった。生まれたばかりの子供たちも、20年もすれば労働力となり、さらに次の世代の経済発展を支えた。労働者が多いため、賃金は上がらないが、投資には最適。「人口増加、物価上昇、投資増大」という3点セットによる、現代型の経済成長が起こった。

 同時に、人が生活する土地も広がった。コストをかけて海を埋め立てて干拓する、新田開発が活発化したからだ。こうした拡大路線に、さらに弾みをつけたのが1859年の「安政の開国」。つまり、320年もの長期間続いた鎖国に終止符を打ったことだった。

「鎖国のままならこのような人口増加は続かなかったはず。開国による、海外からの技術の輸入、エネルギーの輸入、農業用の肥料の輸入などが可能になったからこその、人口拡大でした。たとえば食料に関していえば、19世紀の終わりには米の生産が頭打ちになり、自給率が落ちてくる。大正期1920年代には米の自給率が85%くらいにまで落ち込みます」

 安政の開国時、3300万人だった人口は、明治の終わりごろには約5000万人に。自給自足がギリギリ回っていた江戸時代の人口と比べると、2000万人近くの食料が必要となった。干拓などによって土地を広げたり、技術改良によって生産を増大させるだけでは追いつかなくなり、日本は海外に、食料やエネルギーを求めるようになっていく。

「たとえば米でいえば、台湾や朝鮮が供給基地となる外米が、日本人にとって重要な食料になった。それとともに、ハワイへ、米国西海岸へ、ブラジルへ、南米へと海外移民送出を広げ、1930年代になるといよいよ満州開拓が始まります。そうやって日本は、つねに人口圧の回避と食料やエネルギーの調達のために、対外政策をしてきたのです」

1/2

特集より

少子化とメロドラマ (本誌9月号)

50年間で出生率が3分の1になったブラジル。女性たちが「産まない」決断をしていった背景には何があるのか。メロドラマが一役買ったというが……
>>特集の紹介ページ

食の未来を守る (本誌7月号)

増え続ける人口を支えるには、食料の増産が欠かせない。だが、限られた品種を大量生産する、これまでの農業に頼っていていいのか。作物の“多様性”を守る必要がある。
>>特集の紹介ページ

沈む国土に生きる (本誌5月号)

人口が増え、国土が水没しつつあるバングラデシュをレポート。これは対岸の火事ではない。近い将来、世界の人々が直面するかもしれない問題なのだ。
>>特集の紹介ページ

酸性化する海 (本誌4月号)

人間が大気中に排出した二酸化炭素は、やがて海に吸収され、生き物が生息しにくい環境をつくる。100年後、果たしてサンゴやウニは生きていられるのだろうか。
>>特集の紹介ページ

地球を変える「人類の時代」 (本誌3月号)

中生代は恐竜の時代、新生代は哺乳類の時代と言われるが、今や「人類の時代=人新世」であるという意見が学界でも強くなっている。人間が未来の地球に残す爪跡とは。
>>特集の紹介ページ

70億人の地球 (本誌1月号)

2011年に70億、2045年に90億に達する人類。その数と欲望を、地球は支えていけるのか。世界の人口の動向とその抑制のための努力を取材したシリーズ第1弾
>>特集の紹介ページ

AD
  • ビデオ 3分でわかる「70億人の地球」
  • ビデオ 3分でわかる「70億人の地球」
ハッシュタグ 「#70oku」 をつけてつぶやいてください

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー