2011年 シリーズ企画 70億人の地球

第2回 「日本が乗り越えてきた4つの人口の波」 鬼頭宏 歴史人口学者
世界の流れと逆に、急激な人口減少期を迎えた日本の未来を考える本企画。第2回は日本の人口の変遷に詳しい上智大学教授の歴史人口学者、鬼頭宏氏に話を聞いた。日本人は過去の人口減少をどう克服して1億2800万人の現代日本を作り上げてきたのか。歴史をたどり、日本の人口の今と未来を探る
(インタビュー、文=福光恵)

(3) “貨幣”が人口を増やした

 平安中期から鎌倉時代が終わるまでの約300年間は、人口600万から700万人の時代が続く人口低迷期だった。これが再び、人口増加に転じるのは室町時代のことだ。

「荘園制度が形ばかりのものになり、代わって荘園役人から成長した在地領主の力が大きくなっていきます。やがて在地領主の中から大名が生まれ、封建社会の枠組みができてきます。ここで生まれたのが貨幣経済という仕組みでした。年貢は、現物より貨幣でおさめさせるほうが、荘園領主にとっては都合がよかったため、全国へ広がっていった。こうしてマーケットが整い、拡大していったのです」

 大名同士が争いを始め、戦国時代に入ったことも、発展に弾みをつけた。築城のための土木技術が農業用水に応用されるなど、さまざまな農業技術も進んだ。また政治的な再統合も起こり、16世紀半ばまでに、国内は経済面でも活性化していく。

 さらに江戸時代に近くなると、農民が勤勉に働くためのモチベーションもさまざま生まれてくる。たとえば貨幣だ。主に領主だけが、年貢の代わりに手にすることができた貨幣が、このころになると農民にも少しずつ広まっていく。

「それが生産増大のインセンティブになっていくんです。しかも狭い土地でより生産性を上げたいとなると、当時としてはたくさんの人が住んでいた日本では、労働集約的な農業を目指すしかない。そしてこれに稲作が向いていたんですね。だらだら働く人より、熱心に働く人がほしい。人を雇うより、家族経営主体の農業に移っていった」

 規模は小さいが、土地の生産性は高い。そんな小規模な家族経営型農業のための人手を増やそうと、人口が急激に増えていった。

「こうやって人口成長と、経済成長が同時に起きていきます。もちろん人々は猛烈に働きました。狭い農地に、勤勉な労働力を投入する、そんな日本ならではの農業がここに成立していくのです」

 人口曲線の3つめのピーク。これがその登り坂の始まりだった。

1/2

特集より

少子化とメロドラマ (本誌9月号)

50年間で出生率が3分の1になったブラジル。女性たちが「産まない」決断をしていった背景には何があるのか。メロドラマが一役買ったというが……
>>特集の紹介ページ

食の未来を守る (本誌7月号)

増え続ける人口を支えるには、食料の増産が欠かせない。だが、限られた品種を大量生産する、これまでの農業に頼っていていいのか。作物の“多様性”を守る必要がある。
>>特集の紹介ページ

沈む国土に生きる (本誌5月号)

人口が増え、国土が水没しつつあるバングラデシュをレポート。これは対岸の火事ではない。近い将来、世界の人々が直面するかもしれない問題なのだ。
>>特集の紹介ページ

酸性化する海 (本誌4月号)

人間が大気中に排出した二酸化炭素は、やがて海に吸収され、生き物が生息しにくい環境をつくる。100年後、果たしてサンゴやウニは生きていられるのだろうか。
>>特集の紹介ページ

地球を変える「人類の時代」 (本誌3月号)

中生代は恐竜の時代、新生代は哺乳類の時代と言われるが、今や「人類の時代=人新世」であるという意見が学界でも強くなっている。人間が未来の地球に残す爪跡とは。
>>特集の紹介ページ

70億人の地球 (本誌1月号)

2011年に70億、2045年に90億に達する人類。その数と欲望を、地球は支えていけるのか。世界の人口の動向とその抑制のための努力を取材したシリーズ第1弾
>>特集の紹介ページ

AD
  • ビデオ 3分でわかる「70億人の地球」
  • ビデオ 3分でわかる「70億人の地球」
ハッシュタグ 「#70oku」 をつけてつぶやいてください

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー