「素晴らしい写真とは?」
 写真で世界の森羅万象を伝えてきたナショナル ジオグラフィックとしては、その基準を打ち立てられないかと考えました。世界中から作品を募る「ナショナル ジオグラフィック写真コンテスト」は、そんな取り組みの一つです。

 2011年は、世界130以上の国々から、2万枚を超すエントリーがありました。募集部門はNature(自然・動物)、People(人)、そしてPlaces(風景)の3つで、プロの写真家からアマチュアの愛好家まで、応募者の横顔もさまざまです。しかし、どの作品も、写真の可能性を信じさせてくれる素晴らしいものばかりでした。

 応募作品は、その独創性と質の高さを基に審査されます。各部門から最優秀賞が1作品ずつ選ばれ、その3作品の中から、グランプリが選ばれます。今年の審査員は、ナショナル ジオグラフィック誌で活躍する3人の写真家、ティム・レイマン、エイミー・トンシング、ピーター・エシックが務めました。

 グランプリ受賞者には、1万ドルの賞金と、ナショナル ジオグラフィック誌で活躍する写真家たちが集う「ナショナル ジオグラフィック写真セミナー」への招待状が贈られます。

2010年以前の結果発表ページへ

受賞作品一覧(それぞれの写真をクリックすると、フォトギャラリーで拡大した写真をご覧いただけます)

  • Nature 自然・動物部門
  • People 人物部門
  • Places 風景部門
ページのTOPへ
ページのTOPへ
ページのTOPへ