• TOP
  • ニュース
  • ギャラリー:2020年は延期か、フィレンツェの伝統競技「カルチョ・ストーリコ」 写真11点

    16世紀、戦時にあっても開催したフィレンツェの伝統競技の開催を巡り地元っ子も知恵を絞っている。人々を熱狂へと誘う、カルチョ・ストーリコの魅力とは何なの…

    旅&文化 旅&文化 
    2020.06.27
  • 峡谷の村で出会った「ユキヒョウ」

    ユキヒョウは何千年にもわたって人を寄せつけないようなアジア中央部の過酷な土地に生きてきた。生息地の空気は薄く、雪は深く、気温は氷点下になる。そのため目…

    雑誌 
    2020.06.27
  • インダス川 大河に迫る「水の危機」

    世界有数の大河、インダス川は、ヒマラヤとその周辺の氷河から流れ出す豊かな水を運び、2億7000万人の生活を支えている。しかし、地球温暖化の進行とともに…

    雑誌 
    2020.06.27
  • ブラックホールが謎の天体をのみ込んだ、重力波で初検出

    中性子星にしては重すぎ、ブラックホールにしては軽い。重力波によって観測された正体不明の天体は、星の生涯についての理論を揺るがす可能性がある。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    宇宙&科学 
    2020.06.26
  • メッカ大巡礼、今年はサウジ国内の1000人のみに

    200万人のイスラム教徒が聖地メッカを訪れる年に一度の大巡礼(ハッジ)を前に、サウジアラビア政府は国外からの巡礼者を受け入れない方針を発表した。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    旅&文化 
    2020.06.26
  • エベレスト 幻の初登頂

    今から100年近く前、英国人登山家のサンディ・アービンとジョージ・マロリーは、エベレストの頂上付近で消息を絶った。二人はエドモンド・ヒラリーとテンジン…

    雑誌 
    2020.06.26
  • インド 気候変動と闘う「氷の仏塔」

    インド北部のラダック地方に、不思議な「氷の塔」がいくつも出現している。地球温暖化の影響で手に入れにくくなった水を確保するためだ。

    雑誌 
    2020.06.26
  • 北極圏で前代未聞の38℃を記録、何を意味する?

    北極圏に位置するシベリアの町で、気温が過去最高の38℃を記録した。これを単なる突発的な出来事ではない。何を意味するのか、専門家に聞いた。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    環境 
    2020.06.25
  • 同種とされたサル、実は3種だった、糞から解明

    同じ種に属すると考えられていた東南アジアの3地域のサルが、実はそれぞれ独立した種であることが糞のDNA調査から判明した。うち2種が絶滅の危機に瀕してい…

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    動物 
    2020.06.25
  • 8000年前の謎の杭刺し頭骨、北欧男性の顔を復元

    10年前にスウェーデンで発掘された頭骨が復元された。杭が突き刺さっていたことで注目を集めた頭骨は、威風堂々とした男性のものだった。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    古代 
    2020.06.24

ナショジオクイズ

Q:写真は高地に生息するユキヒョウですが、ある部分が比率的に大型ネコ科動物で最長です。その部分とは?

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ