• サンゴの赤ちゃん9割減、グレートバリアリーフ

    世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフで調査。温暖化が進み、白化が頻発するため、回復が間に合わないという。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.04.05
  • 「海氷の裏側」がホッキョクグマの命運を握る理由

    ホッキョクグマの生存に欠かせない海氷。新たな研究から、海氷がホッキョクグマを頂点とする食物連鎖を根底から支えていることがわかった。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.04.04
  • ラッコが道具を使う謎、考古学の手法で迫る

    ラッコは道具を使える数少ない動物の一つ。ラッコはいつから道具を使うようになったのか、行動とその痕跡を読み解くことで明らかにしようと、研究が進められてい…

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.04.03
  • 超レア! 「金髪」のシマウマが撮影される

    白とブロンドの縞模様を持つシマウマがタンザニアで撮影された。野生ではきわめて珍しい貴重な1例で、「生き延びられ、仲間に受け入れられているようだ」と専門…

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.04.02
  • 501種の両生類が減少、90種が絶滅、ツボカビ症で

    ツボカビ症による世界の両生類の被害状況が初めてまとめられ、少なくとも501種のカエルやイモリが減少したことが明らかになった。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.04.02
  • 【動画】犬がてんかん発作のにおい判別、初の証明

    イヌはてんかん発作の兆候を本当に知らせることができるのか。議論が続いているテーマだが、訓練の手がかりになりそうな新しい成果が発表された。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.04.01
  • 新種の極小カエルを発見 ホチキスの針サイズ

    マダガスカルで新たに発見されたカエル。発見した学者は「天文学的に小さい」と形容する。実際、その脳は針の上に載るほど小さい。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.03.29
  • マレーグマも「顔まね」、驚きの社交スキル、研究

    単独行動を好む世界最小のクマであるマレーグマが、ヒトとゴリラだけと考えられてきた社交スキルを発揮することが、最新の研究で明らかになった。こうした種は他…

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.03.26
  • 定説覆すカエルの性転換、米で発見、謎深まる

    汚染とは関係なく、比較的頻繁に性転換をするカエルが発見されました。「最も一般的な生物の1つについて、我々の理解がいかに乏しいか」を示す最新の例と研究者…

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.03.26
  • 米東海岸でクジラの「異常死」が急増、打つ手なし

    座礁や漂着でクジラの異常死が増える背景には何があるのか。科学者たちは2年以上前から解明に取り組んでいるが、打つ手がないという。

    無料の会員登録で
    お読みいただけます

    2019.03.25

ナショジオクイズ

こちらは90年代に建てられた、あるテーマパークの写真です。さてどこでしょう?

  • 富士ザウス王国
  • 富士ワイルドブルー王国
  • 富士ガリバー王国

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ