マルチメディア

トップ > マルチメディア > バックナンバー


2007

12月号


  • マルチメディア
    奇妙な恐竜たち 大解剖

    公開中

    22種類の奇妙な恐竜たちを迫力あるイラストで紹介。それぞれの恐竜に関して、基本情報に加え、体の特徴などが記載されている。恐竜の体の上にある点をクリックして、様々な恐竜について詳しく見てみよう。


  • マルチメディア
    太陽の動画

    公開中

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた太陽観測衛星「ひので」がとらえた太陽の姿を動画で紹介する。皆既日食、水星の太陽面通過、太陽を取り巻く磁場の動きなど、躍動感あふれる画像が堪能できる。


  • インタラクティブ・マップ
    アホウドリ 飛行のメカニズム

    公開中

    高速での滑空に適した体で巧みに風に乗り、生涯の大半を海の上で過ごす“空の王者”アホウドリ。その驚異的な飛行のメカニズムを、アホウドリの体のつくりや、滑走法を詳しく紹介することで解き明かしていく。


  • インタラクティブ・マップ
    アホウドリ分布図

    公開中

    アホウドリは、ほぼすべての種で生息数が減少しており、絶滅の危機に瀕している。このインタラクティブ・マップでは、世界中に生息するアホウドリ各種を繁殖地ごとに表示し、それぞれの種に特徴的な情報を紹介する。



  • マルチメディア
    記憶のしくみ

    公開中

    私たちの脳は、感覚器官がキャッチして伝える膨大な情報を取捨選択し、新たな記憶を形成している。このマルチメディアでは、記憶の形成・保存や忘却など、人間の記憶のしくみを3Dマップで分かりやすく紹介する。


  • マルチメディア
    記憶ゲーム

    公開中

    脳で処理される情報は、短期記憶として脳の中で一時的に保持される。このマルチメディアは、バラバラになった絵や数字を元の位置に戻すことで、短期記憶でどれくらいの項目を覚えることができるかを試すゲームだ。


11月号


  • マルチメディア
    ハッブルがとらえた25の光景

    公開中

    1990年に打ち上げられて大活躍し続け、天体観測の分野で一時代を築いたハッブル宇宙望遠鏡。その18年間の軌跡をたどり、撮影した画像の中から選りすぐりの25点を紹介する。数々の出来事と発見を振り返ろう。


  • スライドショー
    トンガに迫る決断のとき

    公開中

    太平洋最後の君主国、トンガ。長らく王族と貴族が絶対的な権力を行使してきたが、近年民主化を求める運動が激しさを増している。写真家のエイミー・トンシングが、現地の風習を紹介しつつトンガの現状を解説する。



  • スライドショー
    人と動物を襲う感染症

    公開中

    エボラ出血熱や鳥インフルエンザなど、人にも動物にもうつる感染症が世界の脅威となっている。写真家のリン・ジョンソンが、アジア・アフリカ・米国で撮影した写真を解説し、人々に迫る感染症の危険性について語る。


10月号


  • マルチメディア
    いろいろなバイオ燃料

    ブラジルが早くから取り組んできたバイオ燃料が、いま世界に注目されている。バイオ燃料の種類別に生産コストやエネルギー収支、二酸化炭素排出量などの情報を分かりやすい図で紹介。各バイオ燃料の比較も可能だ。


  • インタラクティブ・マップ
    迫りくる大災害

    イタリア・ナポリ湾を見下ろすベスビオ火山は時限爆弾だ。紀元前1780年の大噴火に基づき、ベスビオ火山が大噴火した時に及ぼす被害を予測。溶岩が到達する範囲や、それぞれの地域の被災状況などを地図上にまとめた。


  • マルチメディア
    宇宙探査50年

    スプートニクやアポロ11号、宇宙を旅したチンパンジーからスペースシャトル、土星探査機カッシーニまで、宇宙探査50年の歴史を彩った50のハイライトを、写真とともに年表形式にまとめた。


9月号


  • スライドショー
    セカンドライン・パレード

    米国ニューオーリンズで開かれるセカンドライン・パレードでは、ブラスバンドと共に人々がにぎやかに町を練り歩く。ハリケーンで被災した地域を訪れ、人々を励ますパレードの面々を、音楽にのせて紹介する。


  • インタラクティブ・マップ
    パキスタンを二分する
    断層と宗教

    1947年、ムスリムの国として誕生したパキスタン。国土を分断している断層は、同時にアフガニスタンとの国境地帯を拠点とする厳格なイスラム原理主義と、インドの穏健派イスラムという宗教上の境界線にもなっている。


  • ビデオ
    不思議なアリたちの物語

    昆虫学者マーク・モフェットは、25年にわたりアリの観察を続けてきたが、今もなお、新たな発見や新鮮な驚きがあるという。「昆虫博士」の異名をもつモフェットが、不思議なアリたちの生態を紹介する。


  • スライドショー
    サンゴが育む奇跡の海

    インドネシア、ラジャ・アンパット諸島周辺には、世界でも類を見ないほど多くの生命を育む海が広がっている。水中写真家デビッド・デュビレが、サンゴの密林に息づく無数の生物たちの姿をとらえた。


  • インタラクティブ・マップ
    劣化する堤防

    米国ニューオーリンズの堤防と防水壁を調査した専門家が指摘する、強度に問題のありそうな個所や、ハリケーン「カトリーナ」で傷んだ防水壁の未修復個所などを、写真と地図でまとめた。


8月号


  • インタラクティブ・マップ
    マヤ地域の主要遺跡

    かつて繁栄を極め、やがて滅亡を迎えたマヤ文明の謎をひも解こうと、考古学者や歴史学者が現在も各地の遺跡で調査を続けている。ユカタン半島の地図に、重要な鍵を握る遺跡15カ所の情報を集約した。


  • インタラクティブ・マップ
    協会支援プロジェクト

    ナショナル ジオグラフィック協会は1957年以来、数多くのマヤ発掘調査を支援してきた。これまでの調査によって得られた数多くの成果を、インタラクティブ・マップで振り返る。



  • スライドショー
    伐採に揺れる森林

    世界に残る原生の温帯雨林の約3割を占める米アラスカのトンガス国有林。再生をめぐる論争に揺れる巨木の森を取材した写真家のメリッサ・ファーローが、撮影中の裏話や写真の背景などを語る。


  • マルチメディア
    パナマのコウモリの音波

    中米パナマの小さなバロ・コロラド島にすむ無数のコウモリは、超音波を活用して、島の多様な環境にうまく対応している。生息環境を大きく三つに分け、それぞれの代表的な種が発する超音波を可聴化した。


7月号


  • マルチメディア
    アイスマンを検証する

    1991年にアルプスで発見された、新石器時代の男性のミイラ「アイスマン(別名“エッツィ”)」。これまでにあらゆる角度から行われてきた分析の結果と、そこから導き出された科学的推理を、写真をまじえて解説する。


  • インタラクティブ・マップ
    立ちはだかる国境の壁

    2006年、米国議会で、メキシコとの3141キロの国境線上に、新たに1130キロの壁を設ける法案が通った。不法移民の流入を食い止めるためのこの壁は、格差の象徴として両国民の不快感を極大化し、さらに延び続ける。


  • スライドショー
    迫りくるマラリアの脅威

    再び世界で猛威を振るっている感染症「マラリア」。インドやザンビア、ケニアなどで取材にあたった写真家のジョン・スタンマイヤーが、各地の現状、流行の原因、そして制圧に向けた懸命な取り組みをレポートする。


  • インタラクティブ・マップ
    多様なゴクラクチョウ

    ニューギニアに暮らすゴクラクチョウの生息地は種ごとに限定され、多くが、特定の山脈の特定の高度の地域にだけ生息している。それぞれの種が互いに孤立し、交配の機会が少ないため、奇抜で美しいさまざまな姿へと進化した。


6月号


  • インタラクティブ・マップ
    脅かされる極北の生命

    このまま地球温暖化が進めば、北極の氷はさらに減少すると予測されている。北極の今後の姿を予測した地図、そこに暮らす動物たちの写真と、温暖化が彼らに及ぼす影響をまとめたインタラクティブ・マップ。


  • スライドショー
    中国の買い物天国

    サンダル、浮き輪、花、うちわ、土器、時計、仏像、ベルト。「日用品の海、お買い物のパラダイス」をスローガンに掲げる中国の町義烏(イーウー)にある義烏国際商貿城には、3万以上の店舗が入っている。


  • ビデオ
    海の中の不思議な生き物

    海に生きるぜん虫類の中には、“虫”とは思えないほど不思議な形をしているものがいる。また、雌雄同体だったり、失った体の一部を再生する能力を備えていたりと、多くのユニークな特徴を持っている。


  • ビデオ
    ヒョウの眼

    ボツワナのオカバンゴ・デルタで、愛らしい子ヒョウが母親から狩りの技術を学び、一人前の捕食者に成長するまでを、野生動物映像作家のビバリーとデレック・ジュベール夫妻が追った。


5月号


  • マルチメディア
    1607年のアメリカ

    17世紀に描かれた地図の見たい部分を大きく拡大できるインタラクティブ・マップ6点と、米国の推理作家パトリシア・コーンウェルによる、植民地跡で発掘された骨格の解説。


  • ビデオ
    ルアングワ渓谷

    アフリカで最も高い密度で野生のカバが生息する、ザンビアのルアングワ渓谷。乾期で浅くなった川に密集するカバやキリンの不思議な行動、ホテルのロビーを通るゾウなど、野生の王国で繰り広げられるシーンを紹介する。


  • スライドショー
    スラムに流れ込む人々

    インドの経済の中心地ムンバイ(旧ボンベイ)の中心部に位置するスラム、ダラヴィ。「都市格差問題」の縮図のようなこの地域で、懸命に日々の暮らしを営む人々の姿を数々の写真で伝える。


4月号


  • サイト&サウンド
    荒らされた海

    世界の漁業が苦境に立たされている。ハイテク漁法などで漁業資源が激減し、魚を唯一のタンパク源とする多くの貧しい人々が危機にさらされている。二人の写真家とともに、この地球規模の問題の解決策を考える。


  • ビデオ
    ヒップホップの世界

    1970年代半ばに世界に広がったヒップホップ。攻撃的にさえ聴こえるこの音楽は、若者たちからのメッセージだ。写真家デビッド・アラン・ハーベイが、ライフスタイルともいえるヒップホップの世界を紹介する。


3月号


  • サイト&サウンド
    滅びゆくゾウの王国

    世界最大のゾウの生息地、チャドのザクーマ国立公園では、武装したレンジャーが保護活動を続けているが、公園外では密猟者による虐殺が絶えない。自然保護活動家J・マイケル・フェイと写真家マイケル・ニコルズがその現状を伝える。


  • スライドショー
    動物たちの
    セルフポートレート

    チャドのザクーマ国立公園に、カメラに赤外線センサーをつなぎ、動物が横切ると自動的に撮影する「カメラトラップ」を設置。この“わな”がとらえた動物たちのセルフポートレートを紹介する。


  • ビデオ
    恒星の最期

    恒星は、宇宙のかなたでどのような最期を迎えるのだろう?スーパーコンピューターを駆使して、重力崩壊型超新星、ガンマ線バースト、ガスの乱流のメカニズムをシミュレーションした。


  • スライドショー
    サメの楽園

    3億年近くもほとんど変わることなく生き延びてきたサメ。開発の波が徐々に押し寄せているものの、中米バハマの豊かな海は、今も「サメの楽園」だ。写真家ブライアン・スケリーが、青く澄み渡る世界へと誘う。


2月号


  • ビデオ
    美しきハチドリたち

    翼のある宝石のように、羽毛を輝かせながら空を飛ぶハチドリは、厳しい環境下でも生き抜くことのできる、強靭な鳥でもある。非常に珍しいオナガラケットハチドリをはじめ、11種のハチドリの動画を専門家の解説つきで公開。


  • サイト&サウンド
    心臓医学の最前線

    私たちは、規則的に拍動する心臓を当然のように考えがちだが、心臓病のリスクは世界的に高まりつつある。健康的な生活習慣から、画期的な手術方法まで、生命を救うための闘いを紹介する。


  • サイト&サウンド
    豊かな原油に蝕まれる
    ナイジェリア

    豊かな石油資源に恵まれながら、ナイジェリアの人々は今も貧困に苦しんでいる。数多くの問題を抱えながらも、わずかな希望を持ち続けるニジェール川デルタの人々の声を伝える。


1月号


  • サイト&サウンド
    ザトウクジラ

    冬になると、エサ場のアラスカの海からハワイ・マウイ島沖にやってきて、交尾し、出産し、子育てをするザトウクジラ。謎に包まれたその生態を、ビデオカメラが追った。


  • インタラクティブ・マップ
    消えゆくアマゾン

    農業やその他の開発のために、毎年2万平方キロもの熱帯雨林が失われているブラジル・アマゾンの現状を伝えるインタラクティブ・マップ。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー