マルチメディア

トップ > マルチメディア > バックナンバー


2005

12月号


  • 古代の海を支配した海竜

    恐竜が地上を闊歩していた時代、海を泳ぎまわっていた巨大な海生爬虫類たちの詳しい情報や大きさの比較、動かせる画像を掲載。


  • 災害救援の現状と希望

    近年起こった災害の被災地で、救援物資はどのように扱われているのか。また、ハリケーン「カトリーナ」の被災者に救援物資が届かなかった悲惨な失敗をライターが語る。


11月号


  • 長寿の極意

    沖縄、イタリアのサルデーニャ島、米国カリフォルニア州ロマリンダの長寿の文化を訪ねた写真家が、100歳を超える人々に出会って得た長寿の秘密を語る。


10月号


  • ハワイに残る野生の楽園

    米国ハワイ諸島の北西に連なる無人の島々。海鳥や魚たちの楽園に腰を据え、2年がかりで撮影した貴重な姿を紹介する。


  • コアホウドリの求愛と
    子育て

    北西ハワイ諸島で撮影にあたった写真家が、コアホウドリの求愛ダンスをはじめとする、ハワイの素晴らしい鳥たちの声と姿を紹介する。


9月号


  • 生態系を空から調査

    自然保護活動家のJ・マイケル・フェイは、アフリカ大陸を低空飛行で調査し、その多様な生態系をつぶさに記録するという、半年がかりの難事業に挑んだ。


8月号


  • 1946年の核実験

    1946年7月24日、太平洋中西部にあるマーシャル諸島ビキニ環礁で行われた核実験の模様を伝える、当時の映像。(英語のみ)


7月号


  • 天然ガス開発で危うい
    米国西部の自然

    人々を魅了する、米国西部の広大な渓谷や険しい山々。しかし、天然ガスの鉱床が発見されて以来、環境破壊を懸念する住民と掘削会社の間で対立が起きている。取材にあたった写真家が、この対立の内側を伝える。


6月号


  • ルーマニアの少数民族
    チャーンゴー人

    ルーマニアの北東部に暮らすチャーンゴー人。欧州統一という時代の荒波に翻弄されながら、信仰と独自の民族文化をかたくなに守り続けようとする彼らの世界を、写真家が紹介する。


5月号


  • サンゴの海の万華鏡

    サンゴ礁にすむ海の生き物の体が色鮮やかなのは、その色を使って意思を伝達しているからだ。それぞれの生き物は、どんなメッセージを、どのように発信しているのか。


10月号


  • ミャンマーの海の民

    ミャンマー沖のアンダマン海の島々を移動しながら暮らす、海の移動民モーケン。数ヶ月にわたり、彼らと生活を共にした写真家が、海の幸を頼りに暮らすモーケンの世界を語る。


3月号


  • アイルランドの豊かな海

    アイルランド沿岸の冷たい波のしたでは、色鮮やかな海底を舞台にイルカが優雅に舞い、サンゴの群体が輝く。写真家とともに、この知られざる海を訪れる。


2月号


  • アラビア半島
    伝説の大砂漠へ

    アラビア半島に果てしなく広がる砂漠には、独特の美しい風景が存在し、独自の言語を話す人々が暮らす。写真家とともに、この砂漠を上空から眺め、探検する。


1月号


  • “元気の素”カフェインの
    功罪

    世界中の人々が消費する“元気の素”カフェイン。その生産や消費の実態を取材した写真家が、様々な製品を試飲し、カフェインの功罪を語る。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー