ムービー

トップ > ムービー > 銃・病原菌・鉄 > 第3話 アフリカへの旅

アフリカで植民地化の足跡をたどる


ダイアモンドはアフリカ大陸へと渡った。欧州諸国による植民地化の足跡をたどるためだ。海を渡ってきた開拓者たちは喜望峰から北上しながら、順調に農場や牧場を開いていく。

しかし、大陸中央に横たわる熱帯地方に入ったとたん、開拓者たちは思いもよらない事態に襲われた。ヨーロッパから持ち込んだ作物は育たず、連れてきた家畜は伝染病に冒され、死んでいく。入植者たちの進行を妨げた熱帯特有の風土は、現在もアフリカの発展にとって大きな障害となっている。ダイアモンドはマラリアで命を落とす子供たちの姿に、涙した。


【ジャレド・ダイアモンド氏 特別インタビュー】
「銃・病原菌・鉄」の今

ピュリツァー賞受賞の
大ベストセラーを映像化!

ナショナル ジオグラフィックDVD BOX

『銃・病原菌・鉄』

なぜ、世界は、これほどまでに、
不平等なのでしょうか?


著者のジャレド・ダイアモンド教授自らがナビゲーターになり、人類の歴史をひもときながら、「世界に格差が生まれた原因」を追究する映像の集大成です。解説書にはジャレド・ダイアモンド教授の書き下ろし原稿も収録。

持つものと、持たざるもの。
支配するものと、支配されるもの。
一体、何が、それを決めたのか。

お申し込み、詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー