ムービー

トップ > ムービー > 銃・病原菌・鉄 > 第2話 二つの世界の衝突

ヨーロッパがアメリカ大陸を征服できた理由


16世紀、世界は征服者と被征服者に二分された。時代を象徴する出来事が1532年、南米ペルーの山中で起きた。フランシスコ・ピサロ率いるスペイン兵士たちが、インカ帝国の皇帝アタワルパと対峙、圧倒的な勝利を挙げたのだ。

ピサロはなぜ、当時南米で強大な権力を誇っていたインカを征服できたのか。銃や鋼鉄製の剣といったスペイン勢力の最新鋭兵器が勝因のひとつとされるが、征服者たちが持ち込んだ伝染病もピサロに味方したと、ダイアモンドは考える。

鋼鉄製の剣と銃、そして病原菌がアメリカ大陸に襲い掛かった。


【ジャレド・ダイアモンド氏 特別インタビュー】
「銃・病原菌・鉄」の今

ピュリツァー賞受賞の
大ベストセラーを映像化!

ナショナル ジオグラフィックDVD BOX

『銃・病原菌・鉄』

なぜ、世界は、これほどまでに、
不平等なのでしょうか?


著者のジャレド・ダイアモンド教授自らがナビゲーターになり、人類の歴史をひもときながら、「世界に格差が生まれた原因」を追究する映像の集大成です。解説書にはジャレド・ダイアモンド教授の書き下ろし原稿も収録。

持つものと、持たざるもの。
支配するものと、支配されるもの。
一体、何が、それを決めたのか。

お申し込み、詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー