ムービー

トップ > ムービー > 銃・病原菌・鉄 > 第1話 文明の始まり

「世界の不均衡」の要因を探る探求の旅


ダイアモンドの探求の旅は、ニューギニアの熱帯雨林からはじまった。ここには、狩猟と採集を続ける人々が暮らしている。数千年前から変わらない生活様式だ。なぜ、この土地では本格的な農耕が行われることはなかったのか。

社会の発展に不可欠な要素は、その構成員が有する技能や発明の才ではなく、タンパク質を多く含む穀物や家畜を育てる能力だとダイアモンドは考える。栄養価の高い穀物を栽培し、タンパク源となる家畜を飼うことで、文明は飛躍的に発展するというのだ。

ダイアモンドは手がかりを求めて、ニューギニアから、農耕がはじまったとされるメソポタミアへ向った。


【ジャレド・ダイアモンド氏 特別インタビュー】
「銃・病原菌・鉄」の今

ピュリツァー賞受賞の
大ベストセラーを映像化!

ナショナル ジオグラフィックDVD BOX

『銃・病原菌・鉄』

なぜ、世界は、これほどまでに、
不平等なのでしょうか?


著者のジャレド・ダイアモンド教授自らがナビゲーターになり、人類の歴史をひもときながら、「世界に格差が生まれた原因」を追究する映像の集大成です。解説書にはジャレド・ダイアモンド教授の書き下ろし原稿も収録。

持つものと、持たざるもの。
支配するものと、支配されるもの。
一体、何が、それを決めたのか。

お申し込み、詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー