NATIONAL GEOGRAPHIC






第9号
[5月26日]
ジェームズ・L・
スタンフィールド

第8号
[5月19日]
サム・エイベル
第7号
[5月12日]
クリス・ジョンズ
第6号
[4月28日]
マイケル・ヤマシタ
第5号
[4月21日]
マイケル・ニコルズ
第4号
[4月14日]
デビッド・デュビレ
第3号
[4月7日]
ウィリアム・アルバート・アラード
第2号
[3月31日]
デビッド・アラン・ハーベイ
第1号
[3月24日]
ジョディ・コッブ
創刊前号
[3月17日]
ジョエル・サートレイ







| 1 | 2 | 3 | Next >



Sisse Brimberg

 
 ジェームズ・スタンフィールド(左)は、一つの被写体を撮るにもフィルムを大量に消費する。“強烈な写真”を常に求め、ときには数千枚も撮ることがある。長い時間をかけて一つの部族や特定の人物を撮影し、ただ1枚の決定的な場面をものにするのだ。数多く撮ることは、彼の撮影テクニックの中で重要な位置を占めている。「そうやって余分なものや先入観をそぎ落とし、被写体の人となりに近づいていくんだ」

 風景写真や建築物の写真については、こう語る。「単にその場所の意義を示すだけでなく、写真家の目で見た、被写体に対する解釈を伝えることが重要だ。見れば見るほど、もっといい表現に挑戦したくなる」。さまざまなレンズを試し、別の時間帯に出直し、光や影の出かたによって撮影位置を変えてみる。雰囲気のある写真で解釈を伝えるには、荒天の日が撮影に向いているとスタンフィールドは言う。「たとえば雨や霧は、風景に芸術家好みの神秘的なベールをかけてくれる」

 機動力が必要な人物撮影では、持ち歩くカメラは2台のニコンF90だけ。20-35mmズームレンズを主体に、80-200mmと28-70mmのズームレンズも使用する。ベストのポケットにはコダクローム200やフジクローム プロビア100F、ベルビア50のフィルム数十本を詰め込み、予備のレンズとして大きな建築物の撮影に便利な18mmの超広角レンズも用意する。カメラとストロボはマニュアル操作が基本だが、動きが速い被写体にはオートフォーカス、光の状態がめまぐるしく変わる街中の撮影では多分割測光による自動露出機能を使うなど、自動設定の機能も活用している。




日差しが入る、ごく狭い部屋に展示されたギロチン――こんな撮りづらい被写体や予想外の撮影条件に現場で遭遇すると、特別な機材が必要になることがある。ジェームズ・スタンフィールドが、必要になりそうな撮影機材をすべてそろえ、大荷物を持って取材の旅に出る理由の一つはここにある。フランス革命を想起させる不吉な雰囲気の写真を撮るため、スタンフィールドは小型スポットライトを10個使ってハイライトや影を作り出した。さらに、青みがかった写真にするためタングステンフィルムを使用し、画面全体に氷のような冷たい印象を与えた。


| 1 | 2 | 3 | Next >




本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

著作権/リンク許可   プライバシー・ポリシー