NATIONAL GEOGRAPHIC






第9号
[5月26日]
ジェームズ・L・
スタンフィールド

第8号
[5月19日]
サム・エイベル
第7号
[5月12日]
クリス・ジョンズ
第6号
[4月28日]
マイケル・ヤマシタ
第5号
[4月21日]
マイケル・ニコルズ
第4号
[4月14日]
デビッド・デュビレ
第3号
[4月7日]
ウィリアム・アルバート・アラード
第2号
[3月31日]
デビッド・アラン・ハーベイ
第1号
[3月24日]
ジョディ・コッブ
創刊前号
[3月17日]
ジョエル・サートレイ







< Previous | 1 | 2 | 3 |

 雑誌のページをめくる読者の手を止め、物語の奥深くへと引き込むような、印象的な写真を撮りたいとヤマシタは考えている。「視覚に訴える強さが必要だ。読者は物語の本質を伝える優れた写真を求めている」とヤマシタは語る。一つの特集に使う写真の数は限られる。ヤマシタが1枚の写真に多くの情報を凝縮させようするのは、このためだ。

 週に平均100本のフィルムを使うヤマシタは、現像の結果をいちいち確認しないことも多い。「100本撮るからには、撮りたい場面をそれだけ目にしたわけだ。撮影で失敗していなければ、それがフィルムにきっと写っている。現像するフィルムが少ない方が不安になるよ」。たいていはよく撮れているのなら、なぜこんなにたくさん撮るのだろうか? 「編集では、写真として最高の1枚を選ぶわけではない。複数の写真でストーリーを組み立てていくなら、選びかたも違ってくるからね」

ピーター・K・ブリアン



主題を表現するさまざまな要素を写し込むため、ヤマシタは望遠レンズを使ってこの写真を撮影した。女性の体つきや表情からは年齢や楽観的な気性がうかがわれ、背景の家並みが町の雰囲気を伝えている。さらに、雪片や衣服が冬の厳しさを物語る。撮影場所は北海道だ。


  ヤマシタのアドバイス

人物を被写体にするなら、カメラを意識していないときの方が撮りやすい。自分の場合は現場の状況に手を加えずにそのまま撮りたいので、周辺をぶらつきながら光の状態が最適な場所を探し、そこで起きたことを何でも、いろいろなアングルで撮ってみる。
いい風景写真には、豊かな色彩、視覚的なパターン、魅力的な構図、視線を導く線の流れ、質感、ときには動きといった要素が備わっている。その景観の中で、視覚に訴える要素が何かを考えて撮ることだ。
構図も光の状態も申し分ない場所を見つけたら、そこに誰かが通りかかるのを待とう。人物が入ると写真の印象は大きく変わる。夜明けや日暮れの撮影では、早めに準備を整え、何かが起こるのに備えよう。
太陽の方を向いて撮影するなら、形のはっきりしたものを前景に入れると、逆光でシルエットが際立って効果的だ。
撮影には、よく使うレンズだけを持っていこう。17-35mmと70-200mmのズームレンズ2本があれば、私の仕事の9割はこなせる。レンズは14mmから800mmまで揃えてあるが、必要な場合以外はホテルか車に置いてある。
写真を生活の一部にしよう。カメラを常に持ち歩き、家族や友人を撮ったり、見慣れた環境の中で視覚的な要素を探してみよう。私自身は自宅でもカメラを手放さず、光の加減や新しい装置を試している。




ヤマシタが撮影したNational Geographicの特集

2005年7月号
明の鄭和の大遠征

  2003年12月号 
武士の時代

  2003年7月号 
朝鮮半島 非武装地帯(DMZ)


2003年1月号
万里の長城

  2002年10月号 
東京湾破壊と創造

 



日経ナショナル ジオグラフィック社発行 「プロの撮り方」より

< Previous | 1 | 2 | 3 |



本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

著作権/リンク許可   プライバシー・ポリシー