トップ > マガジン > 宇宙飛行士って面白い!


定期購読

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:次の生き物のうち、カブトガニに最も近いのはどれでしょう?

  • クモ
  • カニ
  • カメ

答えを見る



宇宙飛行士って面白い!

 2009年7月、野口飛行士と彼のバックアップである古川聡飛行士が日本で記者会見を行った機会に、『合宿生活』で見えたお互いの性格や意外な点について聞いてみた。

 まず野口飛行士から見た古川飛行士。「いつもニコニコして穏和な性格。訓練がスムーズに進むように配慮してくれます。意外なのは、指折りの『ラーメン通』であること。ロシアの合宿生活でラーメンを作ってくれるが、麺のゆで方にうるさい。そのわりに、具が少ないんですけど(笑)」

 一方、古川飛行士から見た野口飛行士は?「頭の回転が速くて頼りになります。とにかく手際がよい。料理も、船外活動を行うときのように、まず材料や道具を全部用意して、一つの料理の待ち時間に他の料理を進めるなど手順が確立されている。私の具のないラーメンをうまく補ってくれますね(笑)」

ラーメンの麺のゆで方にこだわる男、古川聡宇宙飛行士。海底での宇宙を模した訓練で。(提供:NASA)

 野口飛行士はラジオ局(J-WAVE)のブログに自作料理の写真をアップしている。カツ、ハッシュドポテトなどレパートリーが豊富なうえに、冷蔵庫のありものでやりくりするテクニックまであって、主婦顔負けだ。さらに宇宙飛行士はスイーツまで手を抜かない。仲間の飛行士の打ち上げ前は一品持ち寄りの歓送迎会を行うのが恒例だが、そこでのお楽しみは若田飛行士の「焼きプリン」。「カラメルの焦がし具合とホイップクリームの配合が絶妙」と野口飛行士もコメントしている。宇宙飛行士としての腕のよさは、料理の上手さに比例するのかもしれない。

林 公代(はやし きみよ)
福井県生まれ。
日本宇宙少年団の情報誌編集長を経て、フリーライターに。著書に『宇宙の歩き方』、『宇宙においでよ!』(野口聡一氏と共著)など。

年間購読のお申込はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー