地中海を渡る鳥たち

ここに紹介するのは、本能に従って季節ごとに移動を繰り返し、渡りの途中で殺されたり、捕獲される鳥たち。

ホオアカトキ

Geronticus eremita
翼開長: 1.2メートル
最長移動距離: 2900キロ

地中海周辺の生息数は数百羽。イタリアで再導入が試みられているが3割が狩猟の犠牲に。

•近絶滅種

渡りの名手

ここに紹介するのは、本能に従って季節ごとに移動を繰り返し、渡りの途中で殺されたり、捕獲される鳥たち。

セアカモズ

Lanius collurio
体長: 18センチ
最長移動距離: 1万1000キロ

かつては英国に多くいたが、卵の美しい模様がコレクターに人気で、今では希少。

•低危険種

渡りの名手

ここに紹介するのは、本能に従って季節ごとに移動を繰り返し、渡りの途中で殺されたり、捕獲される鳥たち。

ヤツガシラ

Upupa epops
体長: 28センチ
最長移動距離: 4800キロ

鳴き声に特徴があり、南ヨーロッパでは春を告げる鳥。イスラエルの国鳥でもある。

•低危険種

渡りの名手

ここに紹介するのは、本能に従って季節ごとに移動を繰り返し、渡りの途中で殺されたり、捕獲される鳥たち。

アオガン

Branta ruficollis
体長: 55センチ
最長移動距離: 5600キロ

ロシア極北のツンドラ地帯にある繁殖地から、黒海西岸の越冬地に渡る途中で違法狩猟の犠牲になる。

•絶滅危惧種

渡りの名手

ここに紹介するのは、本能に従って季節ごとに移動を繰り返し、渡りの途中で殺されたり、捕獲される鳥たち。

セーカーハヤブサ

Falco cherrug
翼開長: 1~1.2メートル
最長移動距離: 4000キロ

希少な猛禽類の一種。中東や中央アジアでは鷹狩りに使われる。

•絶滅危惧種

渡りの名手

ここに紹介するのは、本能に従って季節ごとに移動を繰り返し、渡りの途中で殺されたり、捕獲される鳥たち。

ズアオホオジロ

Emberiza hortulana
体長: 16インチ
最長移動距離: 5800キロ

現在は捕獲も販売も違法だが、フランス料理の高級食材。網で捕まえて太らせ、生きたままブランデーに漬けてからローストする。

•低危険種

クリックする
FERNANDO G. BAPTISTA, NGM STAFF; FANNA GEBREYESUS
出典: PETER LACK, BRITISH TRUST FOR ORNITHOLOGY; SMITHSONIAN INSTITUTION, NATIONAL MUSEUM OF NATURAL HISTORY, DIVISION OF BIRDS