デニソワ人とネアンデルタール人の関係

第3の人類「デニソワ人」は、アジアでネアンデルタール人や初期の現生人類と共存していたようだ。後の二者は多くの化石や人工物を残している。デニソワ人のものとわかっているのは、小指の骨のかけらと2本の臼歯だけだが、人類史を塗り替える発見となった。