/2011年5月号

トップ > マガジン > 2011年5月号 > 特集:壊れゆくサンゴの王国 > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

Q:写真は高地に生息するユキヒョウですが、ある部分が比率的に大型ネコ科動物で最長です。その部分とは?

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

壊れゆくサンゴの王国

MAY 2011

NEW 5/13 本誌未掲載の写真を追加しました!
本誌5月号に掲載された写真です。

マッコウクジラの死骸のにおいに誘われて、体長3メートルのイタチザメが、サンゴ礁の近くにやってきた。サメが食べた残りはサンゴ礁に生息する小さな生物たちがきれいに平らげる。

イタチザメ GALEOCERDO CUVIER

Photograph by David Doubilet

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー