見てわかる70億人の暮らし
この地図には、人口密度の分布と各国の所得の大きさを示した。所得区分は、一人当たりの国民総所得に基づいた世界銀行の分類に従って色分けした。それぞれの所得区分の中で、色が明るいほど人口密度が高い。急激な経済成長を続ける中国とインドは世界第1位と第2位の人口を誇るが、国内の所得格差が大きく、一人当たりの所得は中間所得層の下位になる。