/2011年2月号

トップ > マガジン > 2011年2月号 > 特集:羽はどうやってできたのか? > フォトギャラリー


定期購読

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:2019年に無形文化遺産に登録されたこの伝統は次のうちどれでしょう。

  • 放牧
  • 遊牧
  • 移牧

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

羽はどうやって
できたのか?

FEBRUARY 2011

大空へ向かって

コンフキウソルニス(孔子鳥、写真)と現在のイワドリ(次ページの写真)の翼を比べると、鳥が飛行能力を獲得してから、翼がどれほど進化したかがわかる。コンフキウソルニスなど初期の鳥類には、斜面を登ったり、獲物を捕らえるのに使ったとみられる原始的なかぎ爪がある。羽軸が細く、胸の筋肉が未発達なことから、飛行能力はあまり高くなかったと推測できる。


コンフキウソルニス
CONFUCIUSORNIS SANCTUS
1億2500万~1億2000万年前。中国。


山東天宇自然博物館

Photograph by Robert Clark

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー