/2011年2月号

トップ > マガジン > 2011年2月号 > 特集:羽はどうやってできたのか? > フォトギャラリー


定期購読

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は卵の殻を割り始めているペンギンのひな。ペンギンの中で最大の種ですが、さて、そのペンギンとは次のうちどれでしょう。

  • トノサマペンギン
  • キングペンギン
  • コウテイペンギン

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

羽はどうやって
できたのか?

FEBRUARY 2011

ジュラ紀のクジャク

羽枝が束になってできた、細長いリボン状の4本の尾羽をもつ、ハトくらいの大きさのエピデクシプテリクス。この化石は、恐竜が“見せるための羽毛”をもっていたことを示す最古の証拠かもしれない。保温や飛行には役立たなかったが、異性を引きつけたり、仲間を認知するのには役立ったと考えられる。


エピデクシプテリクス
EPIDEXIPTERYX HUI
1億6800万~1億5200万年前

山東天宇自然博物館(中国)

Photograph by Robert Clark

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー