/2010年12月号

トップ > マガジン > 2010年12月号 > 壁紙


定期購読

ナショジオクイズ

Q:タイタニックの発見者として知られる海洋学者ロバート・バラードのもう一つの重要な深海の発見といえば、次のうちどれでしょう。

  • シーラカンス
  • 熱水噴出孔
  • 戦艦「武蔵」

答えを見る

ナショジオとつながる



壁紙

DECEMBER 2010

  • 銀河系の中心
  • サグラダ・ファミリア
  • 夢の地
  • ウッド=ティクチック州立公園
  • カサ・ミラ
  • さそり座のアンタレス
  • 天の川
  • グレビーシマウマ
  • 出産間近
  • ジャンボジェット
  • 深い峡谷
  • カサ・バトリョ

次回の公開は
12月28日の予定です。
お楽しみに。

深い峡谷

深い峡谷

カトマイ国立公園にある「1万本の煙の谷」。1912年に近郊のノバラプタ山が噴火し、その火砕流による堆積物が川に削られて深い峡谷ができている。雪をかぶった峰々は、グリッグス山とカトマイ山(右遠方)だ。このあたりはペブル鉱山予定地の南約160キロに位置し、グリッグスとカトマイの2つを含む10の活火山が谷を取り囲んでいる。

写真=Michael Melford
2010年12月号 「シリーズ 地球と、生きる アラスカの選択――サケか、鉱山か」より

モニターのサイズに合わせて画像をダウンロードして下さい。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー