/2010年8月号

トップ > マガジン > 2010年8月号 > 壁紙


定期購読

ナショジオクイズ

Q:タイタニックの発見者として知られる海洋学者ロバート・バラードのもう一つの重要な深海の発見といえば、次のうちどれでしょう。

  • シーラカンス
  • 熱水噴出孔
  • 戦艦「武蔵」

答えを見る

ナショジオとつながる



壁紙

AUGUST 2010

  • バシロサウルス
  • 親善の証し
  • カジランガ国立公園
  • 水面をめざせ
  • 有毒ガスの層
  • カムフラージュ
  • ベンガルトラ
  • 水中洞窟
  • 最果ての荒野
  • 鍾乳石の森
  • 世界一高いビル
  • 不思議な岩

次回の公開は
8月30日の予定です。
お楽しみに。

最果ての荒野

最果ての荒野

ワイオミング州
ウィンド・リバー・ロードレス・エリア
道路標識など一つもなく、マツだけが、ねじ曲がった枝を空に向けて広げている。かつて氷河で浸食されたこの一帯は、イースタン・ショショーニ族とノーザン・アラパホ族の居留地の一部で、道路は1本もなく、風が吹き荒れる最果ての荒野だ。この一帯が保護区となったのは1937年。64年に米国で自然保護区法が制定される30年近くも前のことだ。

写真=Jack Dykinga
2010年8月号 「よみがえる先住民の大地」より

モニターのサイズに合わせて画像をダウンロードして下さい。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー