クジラ 陸から海への回帰
初期のクジラたちは浅海を生息域としていたが、出産や休息のために陸へ上がっていたと思われる。発掘された化石から、クジラが環境に適応し、完全な海生哺乳動物へと身体構造を変化させていく過程をたどることができる。現生のクジラが出現するのは、3400万年ほど前だ。
1 2 3