/2010年8月号

トップ > マガジン > 2010年8月号 > 特集:エジプト クジラが眠る谷


定期購読

ナショジオクイズ

Q:森林火災を防ぐため、オーストラリア先住民の人々が復活させた伝統的手法とは?

  • 火入れ
  • 植林
  • 放牧

答えを見る



特集

エジプト
クジラが眠る谷

AUGUST 2010

バシロサウルスの後肢(写真は左肢)。長さは46センチメートルほどで、全長約15メートルにもおよぶ巨大な体を支えるには、あまりに小さすぎる脚だ。実際のところ、バシロサウルスは完全に水生だった。だが、この後肢の存在は、初期のクジラたちが陸を歩き、時に走っていたことを示す、劇的な証拠である。この小さな脚がどんな役割を果たしていたのかは、専門家の間でもはっきりしていない。古脊椎動物学者のフィリップ・ギングリッチは、「おそらく交尾の際に相手に刺激を与えたり、正しい位置に導くために使われていたのでは」と考えている。

Photograph by Richard Barnes

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー