テキサス州では現在、風力発電の総出力が送電網の送電能力を上回っている。新送電構想は、テキサス州の豊富な風力エネルギーを東部と西部の都市に運ぶ手段の一つになると期待されている。
ダムを必要としない水力発電の方法として、ミシシッピ川とその支流に水流タービンを設置する構想が提案されている。
南西部は太陽エネルギー発電に最適な場所だ。化石燃料の発電所を補うためには、太陽エネルギーが豊富にあるモハベ砂漠のような遠隔地から長距離の送電線を引く。
現在の米国の電力は化石燃料によるもので、約50%は石炭由来だ。灯油、天然ガス、プロパンガスなども、非再生可能エネルギーに含まれる。
「その他」は、バイオマス、地熱を含んでいる。