/2010年6月号

トップ > マガジン > 2010年6月号 > 特集:マンデラの子供たち


定期購読

ナショジオクイズ

Q:太古の昔から大規模な移動を繰り返してきたアフリカ、セレンゲティのオグロヌー。その大移動で正しいのは次のうちどれでしょう。

  • 一直線に移動
  • 時計回りに移動
  • ジグザグに移動

答えを見る



特集

マンデラの子供たち

JUNE 2010

チームカラーの黒と金のシャツに身を固め、ソウェトのサッカークラブ「カイザー・チーフス」に声援を送るファンたち。2009年12月、プレトリアで行われた試合での光景だ。「生涯のアマコシ(首長=チーフスの意)──愛と平和」をモットーに掲げるカイザー・チーフスのクラブ名は、ソウェト生まれの創設者カイザー・モタングにちなんで付けられた。モタングは国際的に活躍したプロサッカー選手で、40年前に南アフリカに帰国した際に同クラブを設立した。南アフリカのワールドカップ代表チームは通称「バファナバファナ(ズールー語で「少年たち、少年たち」の意)」と呼ばれ、同クラブからは3名の選手が参加している。

Photograph by James Nachtwey

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー