/2010年4月号

トップ > マガジン > 2010年4月号 > 特集:潤いある未来のために


定期購読

翻訳講座

ナショジオクイズ

クズリというこの動物で正しいのは?

  • イタチ科
  • クマ科
  • スカンク科

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

潤いある未来のために

APRIL 2010

文=エリザベス・ロイテ

不足は避けて通れない問題だ。だが節水を心がけて、効率的に利用すれば、必要な量の水を確保することはできる。

 米国南西部、ニューメキシコ州北部の乾燥地帯。
ここに暮らすルイーズ・ペイプがシャワーを浴びるのは週3回だ。その節水ぶりは軍隊並みに徹底している。まず体を濡らし、水を止め、石鹸(せっ けん)で体を洗い、泡を流して完了。コップは何日間も洗わずに使うし、食器を洗った水は植物の水やりに使う。

 シャワーの残り水だってトイレで再利用する。たいていの米国人は1日に約380リットルの水を使うが、ペイプはたったの38リットルだ。

 「水を大切にするのは、地球が息絶えつつあると感じるからです。自分までがその原因の一部になりたくありません」とペイプは言う。

 彼女のような熱心な環境活動家でなくとも、水が安く豊富に手に入る時代が終わりつつあることはわかる。しかし地球が完全に干上がるまでには、まだだいぶ時間はある。米国カリフォルニア州にある研究所「パシフィック・インスティテュート」のピーター・グリック所長は次のように語る。「水の問題を避けて通ることはできません。重要なのは、理想的な解決策を実現する過程で、どれだけ痛みを避けられるかです」

 グリックによると選択肢はハードとソフトの2タイプがあると言う。ハードは、超大型ダムや送水路、長距離パイプラインの開発といった、供給源の開発に的を絞った方策だ。だがグリックが良いと考えるのはソフトな選択肢。つまり節水や水利用の効率化、地域単位のインフラ整備、水中の生態系の保護、経済政策などを含む総合的なアプローチだ。

1Next

年間購読のお申込はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー