/2010年4月号

トップ > マガジン > 2010年4月号 > 特集:解けだした20億人の氷河


定期購読

ナショジオクイズ

現在の歯ブラシの原型が登場したのは15世紀末の中国。当時、ブラシの部分に用いていたのはどの動物の剛毛?

  • ブタ
  • パンダ
  • ハリネズミ

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

解けだした
20億人の氷河

APRIL 2010

文=ブルック・ラーマー 写真=ヨナス・ベンディクセン

「世界の屋根」と呼ばれるアジアの高原地帯。数々の大河に水を供給し、20億人の生活を支える氷河が解け始めている。

解けだした20億人の氷河
「第3の極地」と呼ばれるこの地域は大量の雪や氷河を蓄えており、雪解け水が世界の3分の1近くの人口を支えている。

動画翻訳

ヨナス・ベンディクセン 写真家
私は氷河の国 ノルウェーの出身です
ノルウェーは
山と雪と氷で覆われた国です
チベット高原の周囲の山岳地帯は
北極と南極を別として
地球上で最も多くの氷を蓄えています
この地の氷が地球上のどこよりも急速に
解け出しています
またチベット高原は事実上
アジアの主要河川すべての水源地です
これらの川の下流域には
10億を超す人々が暮らしています
気候変動が高地の人々に及ぼす
直接的な影響とともに
800キロ下流に暮らす人々への
影響も捉えようと私は思いました

チベットの遊牧民の人々と交流した時
私は 彼らの長い歴史の
最終章を見ているのだと感じました
それは気候変動によって
放牧地が消滅しつつあるからです

インドのデリーのような都市では
すでに深刻な水不足が見られます
彼らの1日は
午前3時半に始まることもあります
列に並んで水の配給を待つのです

これはバングラデシュの首都ダッカです
ある朝 ホテルを出ると
50センチの水に踏みこんでしまいました
街全体が浸水していたのです
そこで私は半ば泳ぐようにして
街を歩き回りました
浸水した街の人々の様子を
撮りに出かけたのです

これはバングラデシュの人々が
崩れた堤防を補強しているところです
環境に関するストーリーは
時として伝えにくいものです
視覚化するのが難しいからです
日々の変化は分かりにくいですが
それは確実に起きています
そして その影響は
数十億の人々に及ぶのです
だからこそ 写真を通して環境を語ることは
困難ながらも重要な仕事と考えています

 神々が怒った-。
中国・雲南省の山あいの村で、そうとしか説明のつかない変化が起きている。52歳のチベット人で農業を営むジア・ソンはこう語る。「母なる自然を怒らせてしまった。だから神々が罰を下しているんだ」。彼は敬虔(けいけん)な仏教徒だ。

 暖かい夏の午後、ジア・ソンは渓谷を登っていた。雲の上にそびえる聖山、カワカブ峰(標高6740メートル)が、明永(ミンヨン)氷河にえぐられてできた渓谷だ。2キロ以上歩いているのに、眼下の川には泥を含んだ雪解け水が流れているだけで、氷は見当たらない。かつては明永村まで達していた氷河は、100年以上ずっと後退を続けている。しかもここ10年間でその勢いは増し、毎年、サッカー場より広い面積の氷河が消えている。

 「10年前まで、この一帯は氷でした」とジア・ソンは言った。そして、谷底から60メートルほど上に見えるヤクの通り道を指さした。「あの道もたびたび氷に覆われて、ヤクを連れて放牧地へ移動するのに苦労したものです」

 蛇行する川をたどっていくと、ようやく氷河の先端が現れた。砕けた岩や泥が混ざって、不気味に黒ずんでいる。この氷河の雪解け水はかつて、仏陀(ブッダ)の象徴として儀式に使われるほど澄んでいた。だがいまは、混ざりものが多くて飲用水にもならない。以前は滑らかだった氷河の表面もでこぼこしていて、裂け目から青緑色の氷が顔をのぞかせている。氷河が割れていること自体、良くない兆候だ。

 「私たちの神聖な氷河は病み、身をすり減らしています。氷河が死んでしまったら、私たちはどうやって生きていけるでしょう?」と、ジア・ソンは嘆く。

消えゆく「世界の屋根」

 氷河の融解は地球全体の問題だが、「世界の屋根」の雪解け水に頼るアジアの人々にとっては、ことさら深刻だ。ヒマラヤ山脈に縁取られたチベット高原は、その高さも広さも世界一だ。面積は西ヨーロッパがすっぽり入るほどで、標高は平均で3000メートルを優に超える。中国側だけでも氷河が3万7000カ所あり、周辺の山々も含めると、極地方以外でこれほど大量の氷を有する地域はほかにない。長江(揚子江)や黄河、メコン川、ガンジス川など、アジアを代表する大河はすべて、チベット高原の氷河を水源としている。

1Next

年間購読のお申込はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー