/2010年4月号

トップ > マガジン > 2010年4月号 > 特集:水 限りある資源


定期購読

ナショジオクイズ

こちらは90年代に建てられた、あるテーマパークの写真です。さてどこでしょう?

  • 富士ザウス王国
  • 富士ワイルドブルー王国
  • 富士ガリバー王国

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

水 限りある資源

APRIL 2010

文=バーバラ・キングソルバー

球上に存在する水の量は、昔も今も変わらない。世界の人口が増加の一途をたどり、水不足に見舞われる地域が広がるなか、私たちは水とどのように向き合っていけばいいのか。今月号は「淡水」にテーマを絞った大特集で、21世紀の地球を考える。

水 限りある資源
ナショナル ジオグラフィック誌の編集チームが、特集号「水―地球の水が危ない」の制作舞台裏を紹介する。

動画翻訳

4月号のタイトルは「水―地球の水が危ない」です
このレイアウト部屋では全ページをフルサイズで並べます
皮肉にも 水があまり写っていません
ビル・マー(編集責任者 デザイン&アート)
多くは水のない場所の写真です
今回は水についての特別号です
特別号は2~3年に1度出します
サラ・リーン(写真編集主任)
この特集で我々が何よりも強調したいのは――
クリス・ジョンズ(英語版編集長)
水がいかに貴重かということです

この企画を知った時当誌の最高の特集になると思いました
他の取材をしていても水は緊急課題だと実感します
スーザン・ウェルチマン(写真編集主任)
水の供給元や清潔さといった問題が必ず生じるのです
「水を背負う人々」
写真=リン・ジョンソン
水問題に直面している場所にリンは出かけていきました
解決なき現状の生の姿をとらえるためです
人々の生活を見つめつつある瞬間の姿をとらえ
エリザベス・クリスト(写真編集主任)
それによって全体像を伝えられればと思っています
世界の淡水の大半は氷河の中に閉じ込められています
デビッド・グリフィン(写真部長)
氷河の融解水に依存して暮らす人々が
危機にさらされているのです

「解けだした20億人の氷河」
写真=ヨナス・ベンディクセン
「ヨルダン川の戦争と平和」
写真=パオロ・ペレグリン
パレスチナの農民は井戸掘りの深さを50メートル以内に制限されています
ケン・ガイガー(写真編集主任)
一方 すぐ隣のイスラエル入植地では150メートル掘れるのです
パオロが撮影した人々は1日2~3リットルの水で生活しています

下手なしゃれですが毎号いつも水の話題だと "無味乾燥"ですね
あらゆる宗教が水と関わりがあります
水は 浄化・浄罪・祝福などの意味を持つのです
「聖なる水」ジョン・スタンマイヤー
この特集にそれを盛り込みたいと考えました
「淡水の絶滅危惧種」写真=ジョエル・サートレイ
淡水種の多くが危機にさらされています
キャシー・モラン(写真編集主任)
状況の悪化は急速で絶滅する種も把握できないほどです
我々は水についてじっくり考えてみる必要があります
私たちは皆 気候変動や水不足への対処を模索しています
清潔な水の欠如や魚の乱獲も問題となっています
水は限りなくあるものと我々は思いがちです
その大切さになかなか気づきません
デニス・ディミック(環境担当・編集責任者)
失って初めて気づくのです
水は生命を支える源なのです
我々の写真が 水の大切さを振り返り
実感するきっかけになればと思います

 毎朝、娘と二人でスクールバスの停まる場所まで砂利道を歩きながら、自宅の農場に目を凝らす。どこかにあるだろうか。あの奇跡のような贈り物が……。それは朝露の下りたクモの巣。まるでビーズの首飾りのように、小さなしずくが日差しに輝く。草むらから何匹ものカエルが次々に現れ、跳びはねて弧を描くその姿に、思わず足を止めることもあった。またあるときは、大昔の鎧のような甲羅を背負ったカミツキガメが、行く手にのっそりと姿を現した。水の中で一生を過ごすこのカメが、どんな野望に突き動かされて陸に上がったのだろう。

 小さな谷間にある農場で、水の魔法に囲まれて暮らす日々。敷地を流れる名もなき小川は、私たち一家にとって、かけがえのない宝物だ。ここ米国のアパラチア地方南部に移り住むまでは、砂漠が大部分を占めるアリゾナ州に住んでいた。アリゾナの都市は、まるで宇宙ステーションのように、外部からの補給がなければ機能できない。遠くの川から引いてくる水や地下水に頼りきった暮らしだ。

 それでも、住民は水があるのを当たり前のように思い、水をふんだんに使いたがる。街の広場には噴水があり、農家は水を大量に必要とする作物を育てる。温暖なアリゾナで老後を過ごすために移り住んだ人々は、住み慣れた環境を再現しようと、庭にたっぷり水をまいて、緑の芝生を育てる。

 だが、そんな風景はのようなものだ。何カ月も日照りが続き、庭の水道の蛇口からしたたり落ちるわずかな水を飲もうと鳥が争うのを見て、住民たちは思い知らされる。ここはもともと砂漠なのだと……。水は生命を宿し、空と海と大地を巡る。水は人間の体の3分の2を占めるが、それは地球に関しても同じこと。地表の3分の2を覆うのもまた、水なのだ。

 水のありがたさを忘れがちな私たちだが、水なしで生きられないことは本能的にわかっている。その証拠に、人類は海辺や大河のほとりに文明を築き、水が枯渇することと、水があふれることを心の奥深くで何よりも恐れている。ここ100年ほどで地球の平均気温は0.74℃上昇したと言われてもぴんと来ないが、洪水、干ばつ、ハリケーン、海水面の上昇、堤防の決壊といった言葉を聞けば、問題の深刻さがわかるだろう。

 気候とはすなわち水の姿そのものであり、気候変動は水の問題に直結する。雨の降り方が変われば、ある地域では洪水が起き、別の地域では干ばつが続く。暖かい空気は冷たい空気より多くの水分を含むという、厳然たる物理の法則を自然は教えてくれる。

 その結果、何が起きるか。ハリケーンや台風で壊滅的な被害を受けた世界各地の海岸地帯を見れば、一目瞭然だ。異常に暖かい空気が海の水を吸い上げ、過去に例がないほど激しい嵐を生む。一方で、乾燥地帯では熱が水分の蒸発を促して、干ばつをもたらす。オーストラリアのマレー・ダーリング盆地に横たわる乾ききった畑がその証拠だ。

 砂利道にいたカミツキガメは、わが家の水没を恐れて、高い所に避難しようとしていたのかもしれない。昨年の夏には、畑が水につかり、育てていたトマトが枯れた。この10年ほど、今まで経験したことがないような激しい嵐が相次ぎ、近所では畑の作物や電柱、オークの巨木が次々に倒れている。異常気象も毎年のように繰り返されると、異常とは感じなくなるものだ。

1Next

年間購読のお申込はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー