/2010年1月号

トップ > マガジン > 2010年1月号 > 壁紙


定期購読

ナショジオクイズ

Q:タイタニックの発見者として知られる海洋学者ロバート・バラードのもう一つの重要な深海の発見といえば、次のうちどれでしょう。

  • シーラカンス
  • 熱水噴出孔
  • 戦艦「武蔵」

答えを見る

ナショジオとつながる



壁紙

JANUARY 2010

  • スカイ島の岩山
  • 素焼きの植木鉢?
  • 戦闘陣形をとる陶製の兵士たち
  • 眠るマッコウクジラ
  • シャイアント諸島
  • 割り込み禁止
  • モルディブアネモネフィッシュ
  • ハイテク義手
  • ルイス島マンガースタ
  • カラニッシュの巨石遺跡
  • クマノミを守る
  • 秦の始皇帝陵の兵馬俑

次回の公開は
1月28日の予定です。
お楽しみに。

カラニッシュの巨石遺跡

カラニッシュの巨石遺跡

ルイス島、カラニッシュ
30億年前の岩石を切り出して造ったカラニッシュの巨石遺跡は、古代エジプトのピラミッドより古い時代に造られた。5000年前にはすでに人が定住し、農業や狩猟、漁業を営み、建造物を築いていた。周囲の石は高さが約3.5メートル、中心の石は4.5メートルに達する。英国南部のストーンヘンジと同様、数キロ四方から見通せるこの直径13メートルの円形の巨石群は、儀式のための重要な場所だった。

写真=Jim Richardson
2010年1月号 「英国ヘブリディーズ諸島」より

モニターのサイズに合わせて画像をダウンロードして下さい。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー