/2009年5月号

トップ > マガジン > 2009年5月号 > 特集:マンモス解剖


定期購読

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

マンモス解剖

MAY 2009

トナカイと暮らす遊牧民ネネツのユーリ・フディ(左)は2007年5月、シベリアのヤマル半島で赤ん坊の冷凍マンモスを発見、地元当局に届け出た。この地域ではマンモスがよく見つかるが、化石商に売られて研究者の手に渡らない例も多い。マンモスはフディの妻の名をとって「リューバ」と名付けられた。

Photograph by Francis Latreille

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー