/2009年4月号

トップ > マガジン > 2009年4月号 > 特集:地球のいのち 両生類の危機


定期購読

ナショジオクイズ

Q:太古の昔から大規模な移動を繰り返してきたアフリカ、セレンゲティのオグロヌー。その大移動で正しいのは次のうちどれでしょう。

  • 一直線に移動
  • 時計回りに移動
  • ジグザグに移動

答えを見る



特集


シリーズ
地球のいのち
両生類の危機

APRIL 2009

ミドリヤドクガエル (学名  Dendrobates auratus)
撮影地:トレド動物園(米国オハイオ州)。この個体はパナマで採集された。
最大38ミリ
中米およびコロンビア原産。現地の人々は古くから、このカエルの毒を武器に利用してきた。
生息状況:飼育下ではカエルツボカビ菌の感染が広がっているが、野生では現在のところあまり被害は受けていない。しかし、熱帯雨林の生息地が失われるにつれ、このカエルの長期的な生存が脅かされている。

Photograph by Joel Sartore

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー