/2008年12月号

トップ > マガジン > 2008年12月号 > 壁紙


定期購読

ナショジオクイズ

Q:米国南東部ジョージア州のストーンマウンテンの岩肌に刻まれているこの歴史上の人物は次のうち誰でしょう。

  • ジェームス・ブキャナン
  • エイブラハム・リンカーン
  • ジェファーソン・デイビス

答えを見る

ナショジオとつながる



壁紙

DECEMBER 2008

  • 復活の兆し
  • ムラサキコノハチョウ
  • 火星の日没
  • カラフルな家々
  • 聖地の門
  • ミナミセミクジラ
  • トビガエル
  • 大建築家ヘロデ王
  • 人懐こいセミクジラ
  • ミドリニシキヘビ
  • 火星の姿
  • ヘロデ王の湯治場

次回の公開は
12月26日の予定です。
お楽しみに。

火星の日没

火星の日没

沈む太陽が地平線を青く染める。色こそ違うが、その眺めは地球の日没に似ている。生命が存在するかという点については、私たちはこの「隣の惑星」のことをほとんど知らない。「かつて火星は、生物の暮らせる世界でした」と、米コーネル大学の惑星科学者ジム・ベルは語る。「それがどの時代であったかも、火星のどこだったかも正確にはわかりません。今後の探査でこの謎を解明しなければなりません」

写真=NASA/JPL/Texas A&M/Cornell University
2008年12月号 「見えはじめた火星の素顔」より

モニターのサイズに合わせて画像をダウンロードして下さい。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー