マガジン

トップ > マガジン

2008年12月号ラインアップ

  • ダーウィンに
    なれなかった男

    150年前、ダーウィンと同時に進化の理論を提唱した博物学者、ウォレス。常識にとらわれず、好奇心のままに突き進んだ男の壮快な生涯を追った。

  • 見えはじめた
    火星の素顔

    地球から8000万キロの彼方にある火星。NASA(米航空宇宙局)の最新の探査で、その素顔が明らかになりつつある。米国を代表する作家による寄稿。

  • 地球にひとつの生命
    セミクジラ
    北と南で分かれる運命

    北大西洋のタイセイヨウセミクジラは絶滅が心配され、南半球のミナミセミクジラは復活の兆しをみせている。北と南のセミクジラの運命を分けたのは?

  • ヘロデ王
    波瀾万丈の生涯

    紀元前1世紀のユダヤ王、ヘロデ。聖書では幼児を皆殺しにした“悪者”として描かれているが、長年の発掘調査でその意外な素顔が見えてきた。

  • 盗まれる聖地の宝

    パレスチナ自治政府とイスラエルの管轄区域が入り組むヨルダン川西岸。遺跡を狙う盗掘が横行しているが、政情不安のなか取り締まりが難航している。

フォトギャラリー
未掲載を含む特集の写真を紹介

フラッシュバック
ナショナル ジオグラフィック協会の写真資料室より


定期購読

翻訳講座

ナショジオクイズ

クズリというこの動物で正しいのは?

  • イタチ科
  • クマ科
  • スカンク科

答えを見る

ナショジオとつながる


壁紙
美しい写真をダウンロードできます。

  • 復活の兆し

    100年ほど前、南半球に生息するセミクジラは数百頭にすぎなかった。だが、国際的な保護の取り組みが功を奏し、現在では復活している。

ミュージアム情報
博物館の紹介と最新イベントを紹介します



世界の子どもにワクチンを 日本委員会

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー