/2008年9月号

トップ > マガジン > 2008年9月号 > 特集:地球にひとつの生命 ゾウの大家族


定期購読

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る



特集

地球にひとつの生命
ゾウの大家族

SEPTEMBER 2008

夕暮れどき、「プラネッツ」の年長の雌サターンが小川で遊ぶ幼いゾウたちを優しく見守る。サターンはわが子のほかに、母親を亡くした2頭の孫の面倒も見ている。ゾウは親族同士で群れをつくるため、親を亡くした子どもも生きていけるのだ。

Photograph by Michael Nichols, National Geographic Photographer

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー