/2008年7月号

トップ > マガジン > 2008年7月号 > 壁紙


定期購読

ナショジオクイズ

現在の歯ブラシの原型が登場したのは15世紀末の中国。当時、ブラシの部分に用いていたのはどの動物の剛毛?

  • ブタ
  • パンダ
  • ハリネズミ

答えを見る

ナショジオとつながる



壁紙

JULY 2008

  • デス・バレー
  • 荒れ狂う火の粉
  • 自然のエネルギー
  • デビルズ・コーンフィールド
  • “良い山火事”
  • 米大陸で最も低い地点
  • サル団子
  • アイスランドのミー湖
  • 大迫力の渦巻き
  • ザブリスキー・ポイント
  • 首都レイキャビク

次回の公開は
7月29日の予定です。
お楽しみに。

デビルズ・コーンフィールド

デビルズ・コーンフィールド

不思議な風景が広がるデビルズ・コーンフィールド。点在する土の小山が、悪魔が栽培するトウモロコシに見えたのだろうか。これらはもちろんトウモロコシではない。過酷な自然に立ち向かい、力つきた植物の残骸だ。強い風によって周囲の泥が削り取られるなか、キクの仲間であるアローウィードが根を張っていた場所だけが残る。しかし、風がさらに吹きつけ、大量の泥と水分が奪われると、アローウィードもついには枯れてしまう。

写真=Michael Melford
2008年7月号「デス・バレー国立公園 裸の大地 時の記憶」より

モニターのサイズに合わせて画像をダウンロードして下さい。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー