/2008年6月号

トップ > マガジン > 2008年6月号 > 特集:石油景気に沸く ロシア


定期購読

翻訳講座

ナショジオクイズ

写真は西アフリカのニジェール。ここで何をしているのでしょうか?

  • 織物
  • 井戸掘り
  • 金鉱探し

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

石油景気に沸く
ロシア

JUNE 2008

文=ポール・スタロビン 写真=ゲアード・ルドウィッグ

まや世界最大の産油国となったロシア。その石油生産の7割を担う西シベリアの町は、好況に沸く一方で、不法移民などの問題も抱えている。

 夜中の12時を回っただろうか。

 レストランのダンスフロアでは、何組もの男女が、歌手の甘い歌声に合わせてゆったり身を揺らしている。「ザ・ナス、ザ・ネフト―私たちに、石油に乾杯」
 
 この日は、西シベリアのハンティ・マンシ自治管区の祝日「石油労働者の日」だ。大量の蚊に悩まされる夏が終わった9月初め、石油労働者をねぎらう祝日が設けられている。野外のスポーツ施設で催された祝典には、何千人もの人々が集まった。暮れなずむ空に無数の風船が放たれ、外灯に照らされた仮設ステージの上で、合唱団が針葉樹の森をバックに石油労働者の思いを歌う。「私たちのただ一つの喜び/ただ一つの望みは/掘削機が掘りあてた/新しい油をこの顔に浴びること」
 
 石油に乾杯したくなるのも無理はない。国際市場では、原油価格が10年前の10倍にまで高騰した。石油景気に沸くロシアは、いまやサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国となった。政府は公共事業や国防事業に巨額の予算を投じ、モスクワの新興成金は大邸宅並みのダーチャ(別荘)で贅沢にふけっている。

 好景気を支えるのは、ロシアの石油生産の約7割(1日約700万バレル)を担う西シベリアの油田地帯だ。中央部のハンティ・マンシ自治管区はフランスとほぼ同じ面積。かつては辺境の地だったが、いまでは潤沢な資金が流入し、欧米並みの生活も夢ではない。

 行政の中心地ハンティ・マンシースクには、空港ターミナルや美術館、数学と芸術の英才教育校など、真新しい建物が並ぶ。自治管区の主要都市スルグトも、数十年前までは田舎町にすぎなかったが、いまでは渋滞が起きるほど車が増え、郊外の住宅開発も進んでいる。

 だが、にわか景気に浮かれていては、さらなる発展のチャンスをのがしかねない。西シベリアの石油生産はここ数年伸び悩み、2004~07年の産油量は、ほぼ横ばいだった。

 ちょうどこの時期、ロシア政府はいったん民営化した油田のうち、とくに生産性の高い油田を再び国有化した。それまでは、オリガルヒと呼ばれる新興財閥がこうした油田を握り、多額の資金を投入した。しかし、政府は石油を国家財政をうるおす資源としてだけでなく、ロシアが超大国に返り咲くための政治的なかけひきに利用しようとしている。こうした強引な石油外交に嫌気がさして外国資本が逃げだせば、結果的に景気に悪影響を及ぼしかねない。

1Next


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー