/2008年4月号

トップ > マガジン > 2008年4月号 > 特集:ハワイの絶景 ナパリコースト


定期購読

記事ランキング

ナショジオクイズ

次のペンギンのうち、南極大陸沿岸に広く生息しているのはどれでしょう?

  • ヒゲペンギン
  • アデリーペンギン
  • ジェンツーペンギン

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら



特集

ハワイの絶景
ナパリコースト

APRIL 2008

文=ジョエル・K・ボーン Jr. 写真=ダイアン・クック、レン・ジェンシェル

大な自然景観を誇るハワイ・カウアイ島のナパリコースト。先住民が神をまつり、かつてヒッピーたちが愛した地上の楽園にも、荒廃の影が忍び寄る。

 伝説の地上の楽園、シャングリラに続く道は一瞬だけ現れ、その不思議な道をたどっていくと、平和で美しい渓谷がひっそりと広がっているという。だがハワイ・カウアイ島の楽園は、うねうねと蛇行する、ごく普通の2車線の舗装道路の先にある。

 行き着く先は、島北岸のぬかるんだ駐車場だ。ケエという名の砂浜が広がるその先には、いっさいの現代文明を拒絶するように、ナパリの巨大な断崖がそびえている。

 ここナパリコーストは、シャングリラのような幻の桃源郷ではない。カウアイ島のどの地図にも載っている、よく知られた観光名所だ。

 絶景を誇るこの海岸は、これまで数多くの出版物や映画で“地上の楽園”として紹介され、今も多くの観光客を集めている。切り立った断崖、海辺の洞窟、ひそやかなビーチが連なる全長約25キロの海岸を、海が穏やかな夏にシーカヤックで訪れる人もいれば、船外機付きの頑丈なゴムボートでやって来る人々もいる。ヘリコプターに乗って映画「ジュラシック・パーク」の冒頭シーンさながらの眺めを楽しむ1時間のツアーまである。ナパリコーストは、この恐竜スペクタクル映画や「南太平洋」など、多くのハリウッド映画のロケ地として使われてきた。

 足に自信のある人たちは、全長18キロもある険しいトレイル(山道)を歩いて、最大の渓谷カララウをめざす。本来なら5日間しか滞在が認められないこの渓谷で、彼らは数週間、ときには数カ月もキャンプをして過ごす。

 この景観は、数百万年に及ぶ地形の変貌という、壮大な太古のドラマの産物だ。海底から頂上まで高低差が8000メートルもあった古代の楯状火山の山頂周辺が、長い時を経てナパリコーストになった。ハワイの島々はみなそうだが、カウアイ島もホット・スポットと呼ばれるマグマの噴出口の上に形成された。やがて地殻の運動によりホット・スポットから遠ざかり、冷え固まった島は、雨の力で浸食された。ところによっては年間降水量が2500ミリにも達するこの地で、雨は深い谷を刻み、断崖から幾筋もの滝となって流れ落ちた。玄武岩の断崖が冬の荒波に削られ、海水面の上昇と下降にさらされて、急勾配の斜面が生まれた。

 こうして急峻な断崖と、幾多の谷が刻まれた斜面、かみそりの刃のように鋭い稜線をもつ、標高1000メートル級の山並みが、太平洋からそびえるようになった。

 ナパリコーストに定住した先住民は、魚を獲り、段々畑でタロイモを育てた。彼らの居住地跡は、今ではボートでしか近づけない海岸線の西のはずれの谷間、ヌアロロ・カイに残っている。石積みの壁や儀式用の祭壇、人家、カヌー置き場、墓地など、600年以上も人が暮らしていた痕跡があちこちで見つかる。

1Next


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー