/2008年3月号

トップ > マガジン > 2008年3月号 > 特集:動物の知力 2008年3月号  > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

写真は浮遊性のホンダワラ属の海藻、サルガッサムですが、この名前の由来となった果実は何でしょう。

  • ブドウ
  • サクランボ
  • ザクロ

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

動物の知力

MARCH 2008

毛嫌いして悲鳴をあげないでほしい。ネズミは意外に賢く、しかも少し私たち人間に似ているのだ。くすぐられるとキャッキャッと笑うし、社交的で、性交を楽しんだり期待して待ったりさえする。また、彼らは自分の知力の限界も分かっている。これはメタ認知と呼ばれる、サルにしかないと考えられてきた認識能力だ。音による実験を行い、正解したらほうびを与え、不正解のときは何も与えず、「分からない」と認めれば少しほうびを与えるという方法をとった。するとネズミたちは、答えに自信がないときには(不十分ではあるが)信頼性のある「分からない」という回答をしたのである。“汚い路地に住む害獣”としては、悪くないと言えるだろう。

Photograph by Vincent J. Musi

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー