/2008年3月号

トップ > マガジン > 2008年3月号 > 特集:動物の知力 2008年3月号  > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

人体にすむ微生物。次の3つのうち、どの部分が一番多いでしょうか?

  • 歯垢
  • 皮膚

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

動物の知力

MARCH 2008

この小さな頭には、小さな脳みそが入っている。しかしこの動物は、ある大きな能力を持っている。米国南西部ガニソンに生息するプレーリードッグは、キツネ、コヨーテ、タカ、ネコ、ヘビ、ワシ、ケナガイタチなど多くの生物にとって、格好の獲物だ。北アリゾナ大学のコン・スロボドシコフは、プレーリードッグがそれぞれの捕食者に応じて、異なる警告の鳴き声や逃げ方を身につけていることを証明した。これらの鳴き声には、捕食者の大きさ、色、スピードなどを説明する情報が含まれており、同じコロニーに生息する仲間に、捕食者が襲ってくるまえに状況を知らせることができる。

Photograph by Vincent J. Musi

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー